基礎学から文芸・教養書までを刊行する総合出版社。
Publishing the books about Japanese literature, history and etc.

  • ホーム
  • お知らせ
  • ご利用案内
  • お問い合わせ
  • 会社案内
特集ページ
e-bookguide.jp

ブンカザイトコモンジョガク

文化財と古文書学

筆跡論

湯山賢一 編

定価 3,888円 (本体3,600円) 在庫あり

数量:

書流・書法にとらわれた従来の一面的な視点を再考し、書誌学はもとより、伝来・様式・形態・機能・料紙など、古文書学の視座との連携のなかから、総合的な「筆跡」論への新たな道標を示す。

ISBN 978-4-585-03232-8 Cコード C1021
刊行年月 2009年4月 判型・製本 四六判・上製  320 頁
キーワード アーカイブズ, 中世, 文化史

目次

序言/湯山賢一

総論
筆跡論への視角/湯山賢一

各論
大江広元とその筆跡/林  譲
文化財調査における筆跡/池田 寿
「信長記」の筆跡論/杉崎友美
消息と聖教の筆跡論―主に親鸞・蓮如の筆跡を通して―/永村 眞
東寺観智院・藤井永観文庫所蔵「東寺長者補任」について―寺院文書の集積と供僧―/宮 肇
『醍醐寺史料』にみる寺院史料と筆跡/藤井雅子

討論 
筆跡論の現状と課題/池田寿・杉崎友美・永村眞・林譲・湯山賢一

編集後記
執筆者一覧

***
◆正誤表ファイルは以下からダウンロードできます。
『文化財と古文書学 筆跡論』正誤表