基礎学から文芸・教養書までを刊行する総合出版社。
Publishing the books about Japanese literature, history and etc.

  • ホーム
  • お知らせ
  • ご利用案内
  • お問い合わせ
  • 会社案内
特集ページ
電子書籍はこちら

カネコミスズ コダマスルカゾクアイ

金子みすゞ こだまする家族愛

詩と詩論研究会 編

定価 2,592円 (本体2,400円) 在庫あり

数量:

他作家との対比で浮き彫りになる家族への愛―
両親への思い、故郷への思い…金子みすゞの描く家族愛を、様々な作家、また彼らの作品と比較することにより、いっそう鮮やかに浮かび上がらせる。
夭折の作家・金子みすゞの家族愛に迫る「金子みすゞ評論シリーズ」第8弾。

書道界(2009年9月号)「今月の本棚」内で、紹介されました。
ISBN 978-4-585-05409-2 Cコード C0092
刊行年月 2009年3月 判型・製本 四六判・上製  224 頁
キーワード

目次

〈家族〉と〈芸術〉のはざまで 【江戸川乱歩】/小松史生子
〈砂の王国〉と〈蒲団の国〉 【吉行淳之介】/高橋広満
〈弱者〉への共感 【山本周五郎】/末國善己
百年前のプラットホーム―二人の出会い― 【西條八十】/岸 睦子
〈母のうた〉 【サトウハチロー】/安田義明
ふるさとへの思い 【芥川龍之介】/中田雅敏
運命を創作に託して 【若松賤子】/早野喜久江
父への思い、母への思い 【冨士眞奈美】/志村有弘
伝説の作家と家族 【久坂葉子】/柏木薫

月日貝のうた/栗原治人