新刊書籍

古典は遺産か? 日本文学におけるテクスト遺産の利用と再創造

Edoardo GERLINI・河野貴美子 編
刊行年月:2021年10月
ISBN:978-4-585-32507-9
古典テクストが伝える人々の営為
定価:3,080円
(本体 2,800円)

室町文化の座標軸

遣明船時代の列島と文事
芳澤元 編
刊行年月:2021年10月
ISBN:978-4-585-32011-1
金閣・銀閣の煌めきに隠れた「日本文化」の分水嶺を探る
定価:10,780円
(本体 9,800円)

日本中世社会と村住人

蔵持重裕 編
刊行年月:2021年10月
ISBN:978-4-585-32009-8
権力に対峙した人びとは如何にしたたかに生き抜いたのか―
定価:10,450円
(本体 9,500円)

アヘンからよむアジア史

内田知行・権寧俊 編
刊行年月:2021年9月
ISBN:978-4-585-32506-2
知られざる、薬物と国家権力の関係―
定価:3,080円
(本体 2,800円)

怪異学講義

王権・信仰・いとなみ
東アジア恠異学会 編
刊行年月:2021年9月
ISBN:978-4-585-32007-4
この世の「不思議」を解き明かす
定価:3,520円
(本体 3,200円)

戦国時代劇メディアの見方・つくり方

戦国イメージと時代考証
大石学・時代考証学会 編
刊行年月:2021年9月
ISBN:978-4-585-32006-7
史実と創作の狭間で―
定価:3,520円
(本体 3,200円)

荒ぶる神、スサノオ

田中英道 著
刊行年月:2021年9月
ISBN:978-4-585-32005-0
異邦の神、スサノオ―
定価:1,650円
(本体 1,500円)

説話の東アジア

『今昔物語集』を中心に
高陽 著
刊行年月:2021年9月
ISBN:978-4-585-39004-6
定価:13,200円
(本体 12,000円)

首里城を解く

文化財継承のための礎を築く
高良倉吉 監修/島村幸一 編
刊行年月:2021年9月
ISBN:978-4-585-32001-2
首里城を歴史的・文化的に考えるために――
定価:4,180円
(本体 3,800円)

中世武家領主の世界

現地と文献・モノから探る
田中大喜 編
刊行年月:2021年8月
ISBN:978-4-585-32003-6
なぜ武士は地域社会の中核となれたのか?
定価:4,180円
(本体 3,800円)

古建築調査ハンドブック

山岸常人・岸泰子・登谷伸宏 著
刊行年月:2021年8月
ISBN:978-4-585-35000-2
定価:1,540円
(本体 1,400円)

日本古代の仏教者と山林修行

小林崇仁 著
刊行年月:2021年8月
ISBN:978-4-585-31003-7
定価:13,200円
(本体 12,000円)

おすすめ商品

おすすめ

  [詳細]
日本の図書館建築

日本の図書館建築

五十嵐太郎・李明喜 編
定価:3,850円
(本体 3,500円)
大宅壮一文庫解体新書

大宅壮一文庫解体新書

阪本博志 編
定価:3,850円
(本体 3,500円)
ラジオの技術・産業の百年史

ラジオの技術・産業の百年史

岡部匡伸 著
定価:5,940円
(本体 5,400円)
古文書への招待

古文書への招待

日本古文書学会 編
定価:3,300円
(本体 3,000円)
twitter
サイドエリア 総合目録
ショッピングカート