現代ドイツへの視座―歴史学的アプローチ

ドイツ市民社会の史的展開

石田勇治・川喜田敦子・平松英人・辻英史 編
刊行年月:2020年9月
ISBN:978-4-585-22514-0
現代のローカル/グローバルな問題を解決する民主主義のあり方を探る
定価:6,600円
(本体 6,000円)

ナチズム・ホロコーストと戦後ドイツ

石田勇治・川喜田敦子 編
刊行年月:2020年9月
ISBN:978-4-585-22513-3
誰が関与し、どのように行われ、何をもたらしたのか―
定価:6,600円
(本体 6,000円)

想起の文化とグローバル市民社会

石田勇治・福永美和子 編
刊行年月:2016年8月
ISBN:978-4-585-22512-6
「想起の文化」とは何か?記憶、償い、和解のメカニズムを考察する
定価:5,720円
(本体 5,200円)

おすすめ

  [詳細]
日本の図書館建築

日本の図書館建築

五十嵐太郎・李明喜 編
定価:3,850円
(本体 3,500円)
食べるとはどういうことか

食べるとはどういうことか

佐藤洋一郎 著
定価:3,080円
(本体 2,800円)
市民とつくる図書館

市民とつくる図書館

青柳英治 編著
定価:2,200円
(本体 2,000円)
古文書への招待

古文書への招待

日本古文書学会 編
定価:3,300円
(本体 3,000円)
twitter
サイドエリア 総合目録
ショッピングカート