近刊書籍

お伽草子超入門

伊藤慎吾 編
刊行年月:2020年7月
ISBN:978-4-585-29188-6
物語の宝庫へ―
定価:3,080円
(本体 2,800円)

アーサー・ウェイリー

『源氏物語』の翻訳者
平川祐弘 著
刊行年月:2020年7月
ISBN:978-4-585-29424-5
定価:15,400円
(本体 14,000円)

儒教儀礼と近世日本社会

闇斎学派の『家礼』実践
松川雅信 著
刊行年月:2020年7月
ISBN:978-4-585-21056-6
「近世日本にとって儒教儀礼とは何であったのか―」
定価:11,000円
(本体 10,000円)

古代の日本と東アジア

人とモノの交流史
鈴木靖民 著
刊行年月:2020年7月
ISBN:978-4-585-22279-8
東アジアの構造はいかに形成され、展開したのか―
定価:11,000円
(本体 10,000円)

平成の大御代 両陛下 永遠の二重唱

竹本忠雄 著
刊行年月:2020年7月
ISBN:978-4-585-23080-9
天皇の御製は、天地をつらぬく一条の滝。
美智子さまの御歌で水は流れはじめる・・・
定価:1,980円
(本体 1,800円)

新羅中古期の史的研究

武田幸男 著
刊行年月:2020年7月
ISBN:978-4-585-22278-1
定価:13,200円
(本体 12,000円)

書物学 第18巻 蔵書はめぐる

海外図書館の日本古典籍コレクション
編集部 編
刊行年月:2020年7月
ISBN:978-4-585-20718-4
定価:1,980円
(本体 1,800円)

漢学とは何か

漢唐および清中後期の学術世界
川原秀城 編
刊行年月:2020年7月
ISBN:978-4-585-22715-1
客観の学が包み込む広大な「知」の世界
定価:3,080円
(本体 2,800円)

童謡・わらべうたの言葉とこころ

若井勲夫 著
刊行年月:2020年7月
ISBN:978-4-585-28051-4
歌には歌詞があり、歌詞は言葉である。ということは、歌は言葉である。
定価:1,980円
(本体 1,800円)

おすすめ

  [詳細]
フーバー大統領が明かす 日米戦争の真実

フーバー大統領が明かす 日米戦争の真実

加瀬英明 編著/藤井厳喜・稲村公望・茂木弘道 共著
定価:880円
(本体 800円)
老年こそ創造の時代

老年こそ創造の時代

田中英道 著
定価:1,100円
(本体 1,000円)
荒れ野の六十年

荒れ野の六十年

與那覇潤 著
定価:3,520円
(本体 3,200円)
文化情報学事典

文化情報学事典

村上征勝 監修/金明哲・小木曽智信・中園聡・矢野桂司・赤間亮・阪田真己子・宝珍輝尚・芳沢光雄・渡辺美智子・足立浩平 編
定価:19,800円
(本体 18,000円)
twitter
サイドエリア 総合目録
ショッピングカート