日本古典文学

アーサー・ウェイリー 『源氏物語』の翻訳者

平川祐弘 著
刊行年月:2020年7月
ISBN:978-4-585-29424-5
定価:15,400円
(本体 14,000円)

書物学 第18巻 蔵書はめぐる

海外図書館の日本古典籍コレクション
編集部 編
刊行年月:2020年7月
ISBN:978-4-585-20718-4
定価:1,980円
(本体 1,800円)

この本を書いたのは誰だ?

統計で探る“文章の指紋”
村上征勝 著
刊行年月:2020年4月
ISBN:978-4-585-29198-5
文章のクセから、書き手を推定する―
定価:1,980円
(本体 1,800円)

和漢のコードと自然表象

十六、七世紀の日本を中心に
島尾新・宇野瑞木・亀田和子 編
刊行年月:2020年4月
ISBN:978-4-585-22712-0
自然なるものはどのように理解され、あらわされ、再生産されてきたのか―
定価:3,080円
(本体 2,800円)

仙洞句題五十首・水無瀬殿恋十五首歌合 全注釈

石川一 編
刊行年月:2020年3月
ISBN:978-4-585-29195-4
定価:11,000円
(本体 10,000円)

南方熊楠と日本文学

伊藤慎吾 著
刊行年月:2020年3月
ISBN:978-4-585-22270-5
人文学黎明期に、熊楠は日本文学にどのような価値を見出し、学問に利用していったのか?
定価:7,700円
(本体 7,000円)

日本書紀声点本の研究

鈴木豊 著
刊行年月:2020年3月
ISBN:978-4-585-28048-4
『日本書紀』古写本が伝えてきたものは何か―
定価:15,400円
(本体 14,000円)

琉球船漂着者の「聞書」世界

『大島筆記』翻刻と研究
島村幸一 編
刊行年月:2020年3月
ISBN:978-4-585-29197-8
アジアのなかの琉球を知るための貴重資料
定価:11,000円
(本体 10,000円)

医学・科学・博物 東アジア古典籍の世界

陳捷 編
刊行年月:2020年2月
ISBN:978-4-585-20072-7
知の沃野をひらく
定価:13,200円
(本体 12,000円)

幕末明治の社会変容と詩歌

青山英正 著
刊行年月:2020年2月
ISBN:978-4-585-29196-1
したたかな〈うたの力〉
定価:11,000円
(本体 10,000円)

本朝文粋抄 六

後藤昭雄 著
刊行年月:2020年2月
ISBN:978-4-585-29224-1
定価:3,520円
(本体 3,200円)

中国学術の東アジア伝播と古代日本

榎本淳一・吉永匡史・河内春人 編
刊行年月:2020年1月
ISBN:978-4-585-22708-3
「東アジア文化圏」の実態解明のために―
定価:3,080円
(本体 2,800円)

おすすめ商品

おすすめ

  [詳細]
江戸川乱歩大事典

江戸川乱歩大事典

落合教幸・阪本博志・藤井淑禎・渡辺憲司 編
定価:13,200円
(本体 12,000円)
司書のお仕事2

司書のお仕事2

大橋崇行 著/小曽川真貴 監修
定価:1,980円
(本体 1,800円)
日本神話と同化ユダヤ人

日本神話と同化ユダヤ人

田中英道 著
定価:3,850円
(本体 3,500円)
鷹狩の日本史

鷹狩の日本史

福田千鶴・武井弘一 編
定価:4,180円
(本体 3,800円)
twitter
サイドエリア 総合目録
ショッピングカート