日本古典文学

画期としての室町

政事・宗教・古典学
前田雅之 編
刊行年月:2018年10月
ISBN:978-4-585-22219-4
成熟と、動乱と―
定価:11,000円
(本体 10,000円)

秋萩帖の総合的研究

今野真二 編
刊行年月:2018年10月
ISBN:978-4-585-28044-6
その「美」は、いつ・だれが・どのように「書」き、どう解釈されてきたのか―
定価:11,000円
(本体 10,000円)

輪切りの江戸文化史

この一年に何が起こったか?
鈴木健一 編
刊行年月:2018年10月
ISBN:978-4-585-22220-0
江戸時代って長くてわかりづらい…
250年を輪切りにすると、江戸時代が鮮やかに見えてくる!
定価:3,520円
(本体 3,200円)

南岳衡山と聖徳太子信仰

阿部泰郎・吉原浩人 編
刊行年月:2018年9月
ISBN:978-4-585-21046-7
定価:7,700円
(本体 7,000円)

日本人と中国故事

変奏する知の世界
森田貴之・小山順子・蔦清行 編
刊行年月:2018年9月
ISBN:978-4-585-22689-5
定価:3,080円
(本体 2,800円)

知っておきたい日本の漢詩

偉人たちの詩と心
宇野直人 著
刊行年月:2018年9月
ISBN:978-4-585-29169-5
漢詩を知れば、日本人がわかる
定価:4,180円
(本体 3,800円)

書物学 第13巻 学問の家の書物と伝授

清原家の営為を探る
編集部 編
刊行年月:2018年8月
ISBN:978-4-585-20713-9
蔵書から辿る知の営為
定価:1,650円
(本体 1,500円)

本朝文粋抄 五

後藤昭雄 著
刊行年月:2018年8月
ISBN:978-4-585-29223-4
定価:3,080円
(本体 2,800円)

正訳 紫式部日記 本文対照

中野幸一 訳
刊行年月:2018年7月
ISBN:978-4-585-29167-1
紫式部とはどのような人物だったのか?
定価:2,420円
(本体 2,200円)

外国人の発見した日本

石井正己 編
刊行年月:2018年6月
ISBN:978-4-585-22685-7
日本発見のドラマ
定価:2,750円
(本体 2,500円)

文化史のなかの光格天皇

朝儀復興を支えた文芸ネットワーク
飯倉洋一・盛田帝子 編
刊行年月:2018年6月
ISBN:978-4-585-29166-4
天皇をめぐる文化体系は、いかに復古・継承されたのか―
定価:8,800円
(本体 8,000円)

謡曲『石橋』の総合的研究

雨宮久美 著
刊行年月:2018年6月
ISBN:978-4-585-29161-9
多様な文献から豊かに繙く『石橋』の世界
定価:7,040円
(本体 6,400円)

おすすめ商品

おすすめ

  [詳細]
司書のお仕事2

司書のお仕事2

大橋崇行 著/小曽川真貴 監修
定価:1,980円
(本体 1,800円)
明治の一発屋芸人たち

明治の一発屋芸人たち

永嶺重敏 著
定価:3,850円
(本体 3,500円)
中近世移行期の文化と古活字版

中近世移行期の文化と古活字版

高木浩明 著
定価:16,500円
(本体 15,000円)
ラジオの技術・産業の百年史

ラジオの技術・産業の百年史

岡部匡伸 著
定価:5,940円
(本体 5,400円)
twitter
サイドエリア 総合目録
ショッピングカート