日本古典文学

『源氏物語』を演出する言葉

吉村研一 著
刊行年月:2018年2月
ISBN:978-4-585-29159-6
物語の世界観を創り上げたことばたち
定価:7,700円
(本体 7,000円)

天野山金剛寺善本叢刊 第二期

第三巻 儀礼・音楽・第四巻 要文・経釈・第五巻 重書
後藤昭雄 監修 (第三巻)中原香苗・米田真理子 編/(第四巻)箕浦尚美 編/(第五巻)赤尾栄慶・宇都宮啓吾・海野圭介 編
刊行年月:2018年2月
ISBN:978-4-585-21212-6
定価:40,700円
(本体 37,000円)

書物学 第12巻 江戸初期の学問と出版

編集部 編
刊行年月:2018年2月
ISBN:978-4-585-20712-2
定価:1,650円
(本体 1,500円)

江戸時代生活文化事典

重宝記が伝える江戸の知恵
長友千代治 編著
刊行年月:2018年2月
ISBN:978-4-585-20062-8
定価:30,800円
(本体 28,000円)

白居易研究年報 第18号

特集 飲酒と喫茶
白居易研究会 編
刊行年月:2018年2月
ISBN:978-4-585-07096-2
定価:6,600円
(本体 6,000円)

謡曲の詩と西洋の詩

平川祐弘 著
刊行年月:2018年1月
ISBN:978-4-585-29423-8
東西の詩劇をこんなにマジカルに接続し得る人はほかにない。(宮城聡)
『神曲』を訳すうちに予感した夢幻能との共通点を、平川はウェイリーの英訳 Nō plays を中間に据えることで、解き明かす。巫女(みこ)のように能作者も詩人ダンテも、...
定価:4,620円
(本体 4,200円)

室町の学問と知の継承

移行期における正統への志向
田中尚子 著
刊行年月:2017年11月
ISBN:978-4-585-29156-5
人びとは、なぜ乱世に学知を形成していったのか―
定価:11,000円
(本体 10,000円)

近世蔵書文化論

地域〈知〉の形成と社会
工藤航平 著
刊行年月:2017年11月
ISBN:978-4-585-22200-2
社会の基盤をなす〈知〉は、いかに形成され、浸透していったのか―
定価:11,000円
(本体 10,000円)

『和泉式部日記/和泉式部物語』本文集成

岡田貴憲・松本裕喜 編
刊行年月:2017年10月
ISBN:978-4-585-29155-8
平安時代日記文学研究における基礎資料
定価:18,700円
(本体 17,000円)

ひらかれる源氏物語

岡田貴憲・桜井宏徳・須藤圭 編
刊行年月:2017年10月
ISBN:978-4-585-29154-1
定価:5,060円
(本体 4,600円)

出版文化のなかの浮世絵

鈴木俊幸 編
刊行年月:2017年10月
ISBN:978-4-585-27042-3
多色刷りの文化遺産
定価:4,180円
(本体 3,800円)

江戸庶民の読書と学び

長友千代治 著
刊行年月:2017年10月
ISBN:978-4-585-22193-7
教養熱(ブーム)は江戸時代にもあった!
定価:5,280円
(本体 4,800円)

おすすめ

  [詳細]
発見! ユダヤ人埴輪の謎を解く

発見! ユダヤ人埴輪の謎を解く

田中英道 著
定価:1,100円
(本体 1,000円)
邪馬台国は福岡県朝倉市にあった!!

邪馬台国は福岡県朝倉市にあった!!

安本美典 著
定価:1,980円
(本体 1,800円)
成功していた日本の原爆実験

成功していた日本の原爆実験

ロバート・ウィルコックス 著/矢野義昭 訳
定価:4,950円
(本体 4,500円)
少年写真家の見た明治日本

少年写真家の見た明治日本

宮田奈奈/ペーター・パンツァー 編
定価:7,150円
(本体 6,500円)
twitter
サイドエリア 総合目録
ショッピングカート