日本近現代文学

もう一つの日本文学史

室町・性愛・時間
国文学研究資料館 編
刊行年月:2016年3月
ISBN:978-4-585-22661-1
文学史の間隙を埋める
定価:3,080円
(本体 2,800円)

世界から読む漱石『こころ』

アンジェラ・ユー/小林幸夫/長尾直茂/上智大学研究機構 編
刊行年月:2016年2月
ISBN:978-4-585-22660-4
かつて日本を代表する〝文豪〟としてお札の中に閉じ込めていた漱石を、私たちはもう日本という埒内だけに留めておくことはできない―
定価:2,200円
(本体 2,000円)

佐藤春夫読本

辻本雄一 監修/河野龍也 編著
刊行年月:2015年11月
ISBN:978-4-585-29083-4
文学に、美術に、恋愛に、理智と感情に生きた偉大なる冒険者の世界
定価:3,520円
(本体 3,200円)

日本文学の空間と時間

風土からのアプローチ
日本文学風土学会 編
刊行年月:2015年10月
ISBN:978-4-585-29096-4
文学・文化の母胎としての風土
定価:3,080円
(本体 2,800円)

水門 第二十六号

言葉と歴史
水門の会 編
刊行年月:2015年10月
ISBN:978-4-585-01140-8
歴史文化研究の交流拠点、開港
定価:3,300円
(本体 3,000円)

東アジアにおける旅の表象

異文化交流の文学史
王成・小峯和明 編
刊行年月:2015年4月
ISBN:978-4-585-22648-2
「旅」は、文化形成にいかに影響してきたか
定価:2,640円
(本体 2,400円)

〈異郷〉としての大連・上海・台北

和田博文・黄翠娥 編
刊行年月:2015年3月
ISBN:978-4-585-22097-8
〈異郷〉である東アジアの都市で日本人は「自己」と「他者」をどのように捉えたのか
定価:4,620円
(本体 4,200円)

芹沢光治良戦中戦後日記

芹沢光治良 著/勝呂奏 解説
刊行年月:2015年3月
ISBN:978-4-585-29086-5
世界が終るともよい。作品を書いていよう
定価:3,520円
(本体 3,200円)

近代日本におけるバイロン熱

菊池有希 著
刊行年月:2015年3月
ISBN:978-4-585-29088-9
定価:13,200円
(本体 12,000円)

テキストとイメージを編む

出版文化の日仏交流
林洋子/クリストフ・マルケ 編
刊行年月:2015年2月
ISBN:978-4-585-27021-8
書物と人が織りなす日仏文化交流史
定価:5,280円
(本体 4,800円)

別巻 遺されたもの

立松和平 著
刊行年月:2015年1月
ISBN:978-4-585-01299-3
書くことが生きることだった
定価:4,950円
(本体 4,500円)

新装版 沖縄文学選

日本文学のエッジからの問い
岡本恵徳・高橋敏夫・本浜秀彦 編
刊行年月:2015年1月
ISBN:978-4-585-29087-2
日本近現代文学における本土中心の常識をくつがえす、沖縄文学の全体像を俯瞰するアンソロジー
定価:2,860円
(本体 2,600円)

おすすめ商品

おすすめ

  [詳細]
国葬の成立

国葬の成立

宮間純一 著
定価:3,520円
(本体 3,200円)
調べ物に役立つ 図書館のデータベース

調べ物に役立つ 図書館のデータベース

小曽川真貴 著
定価:1,980円
(本体 1,800円)
坂口安吾大事典

坂口安吾大事典

安藤宏・大原祐治・十重田裕一 編集代表
定価:15,400円
(本体 14,000円)
カルナとアルジュナ

カルナとアルジュナ

川尻道哉 著
定価:2,640円
(本体 2,400円)
twitter
サイドエリア 総合目録
ショッピングカート