日本近現代文学

晩年へ

立松和平 著
刊行年月:2014年6月
ISBN:978-4-585-01295-5
旅をするというのは、ひとつひとつ失っていくことかもしれない
定価:4,950円
(本体 4,500円)

集と断片

類聚と編纂の日本文化
国文学研究資料館/コレージュ・ド・フランス日本学高等研究所 編
刊行年月:2014年5月
ISBN:978-4-585-29071-1
連環する日本文化のかたち
定価:8,800円
(本体 8,000円)

生きていく「私」

立松和平 著
刊行年月:2014年4月
ISBN:978-4-585-01294-8
私は前から一人で、前から淋しいわ
定価:4,950円
(本体 4,500円)

植民地期における日本語朝鮮説話集の研究

帝国日本の「学知」と朝鮮民俗学
金廣植 著
刊行年月:2014年3月
ISBN:978-4-585-23023-6
植民地期における朝鮮説話研究とその活用の実像に迫る
定価:13,200円
(本体 12,000円)

私小説ハンドブック

秋山駿・勝又浩 監修/私小説研究会 編
刊行年月:2014年3月
ISBN:978-4-585-20026-0
定価:3,080円
(本体 2,800円)

生命への凝視

立松和平 著
刊行年月:2014年2月
ISBN:978-4-585-01293-1
もうしばらくの間、夢を見ていればよかったな。
あとちょっとだったよ
定価:4,950円
(本体 4,500円)

おのれを信じて

立松和平 著
刊行年月:2014年1月
ISBN:978-4-585-01292-4
たとえお前が今はしらみの姿をしているからといって、軽ろんじられてはならない
定価:4,950円
(本体 4,500円)

国文学の百年

諏訪春雄 著
刊行年月:2014年1月
ISBN:978-4-585-29062-9
百年史をかえりみて、国文学を再起動する
定価:2,420円
(本体 2,200円)

庶民列伝

立松和平 著
刊行年月:2013年11月
ISBN:978-4-585-01291-7
勝負の部屋にはいるなり、深沢さんも私もパンツ一つになった
定価:4,950円
(本体 4,500円)

鉄幹晶子全集 別巻1

拾遺篇―詩
逸見久美ほか 編
刊行年月:2013年11月
ISBN:978-4-585-01086-9
定価:9,900円
(本体 9,000円)

コレクション私小説の冒険 第二巻 虚実の戯れ

秋山駿・勝又浩 監修/私小説研究会 編
刊行年月:2013年10月
ISBN:978-4-585-29561-7
私小説は、事実でも虚構でもない。まさに、そのあわいにあって、読者を惑わす。
私小説という形式から生まれた、先鋭的な小説をここに集成。
定価:1,980円
(本体 1,800円)

占領期の出版メディアと検閲

戦後広島の文芸活動
広島市文化協会文芸部会 編
刊行年月:2013年10月
ISBN:978-4-585-29058-2
廃虚の広島からの新しい息吹
定価:1,980円
(本体 1,800円)

おすすめ商品

おすすめ

  [詳細]
古文書への招待

古文書への招待

日本古文書学会 編
定価:3,300円
(本体 3,000円)
市民とつくる図書館

市民とつくる図書館

青柳英治 編著
定価:2,200円
(本体 2,000円)
日本中世の課税制度

日本中世の課税制度

志賀節子・三枝暁子 編
定価:3,080円
(本体 2,800円)
食べるとはどういうことか

食べるとはどういうことか

佐藤洋一郎 著
定価:3,080円
(本体 2,800円)
twitter
サイドエリア 総合目録
ショッピングカート