考古

日本の起源は日高見国にあった

縄文・弥生時代の歴史的復元
田中英道 著
刊行年月:2018年1月
ISBN:978-4-585-23402-9
「日高見国」とはどこなのか?
定価:1,100円
(本体 1,000円)

高天原は関東にあった

日本神話と考古学を再考する
田中英道 著
刊行年月:2017年7月
ISBN:978-4-585-22183-8
日本古代史の常識を覆す衝撃の一冊!!
定価:3,080円
(本体 2,800円)

卑弥呼の墓は、すでに発掘されている!!

福岡県平原王墓に注目せよ
安本美典 著
刊行年月:2017年1月
ISBN:978-4-585-22558-4
福岡県・平原王墓は卑弥呼の墓か?
定価:3,080円
(本体 2,800円)

考古学崩壊

前期旧石器捏造事件の深層
竹岡俊樹 著
刊行年月:2014年9月
ISBN:978-4-585-22091-6
告発者が語る世紀の大失態とその日本的「解決」。そして考古学の現在
定価:3,520円
(本体 3,200円)

情報考古学 第19巻 1・2合併号

日本情報考古学会 編
刊行年月:2014年1月
ISBN:978-4-585-00259-8
考古学と情報科学の融合による研究成果
定価:8,800円
(本体 8,000円)

旧石器時代文化研究法

竹岡俊樹 著
刊行年月:2013年12月
ISBN:978-4-585-22068-8
石器の科学的な分析によって、人類の文化と歴史を復元する
定価:7,700円
(本体 7,000円)

京都盆地の災害地名

綱本逸雄 著
刊行年月:2013年8月
ISBN:978-4-585-22066-4
地名に刻まれた被災地の記憶
定価:4,180円
(本体 3,800円)

情報考古学 第18巻 1・2合併号

日本情報考古学会 編
刊行年月:2013年1月
ISBN:978-4-585-00258-1
考古学と情報科学の融合による研究成果
定価:8,800円
(本体 8,000円)

地名の考古学

奈良地名伝承論
池田末則 著
刊行年月:2012年9月
ISBN:978-4-585-22043-5
地名は、祖先の生活の痕跡を残す貴重な文化遺産である
定価:13,200円
(本体 12,000円)

歴史GISの地平

景観・環境・地域構造の復原に向けて
HGIS研究協議会 編 (川口洋(代表)・石崎研二・後藤真・関野樹・原正一郎)
刊行年月:2012年3月
ISBN:978-4-585-22022-0
歴史GIS(歴史地理情報システム)の最重要課題を提示!
定価:4,400円
(本体 4,000円)

中国漢代墓葬装飾の地域的研究

菅野恵美 著
刊行年月:2012年2月
ISBN:978-4-585-22028-2
漢文化の広がり・変化と地域的特徴を探る
定価:9,900円
(本体 9,000円)

情報考古学 第17巻 1・2合併号

日本情報考古学会 編
刊行年月:2012年1月
ISBN:978-4-585-00257-4
考古学と情報科学の融合による研究成果
定価:8,800円
(本体 8,000円)

おすすめ

  [詳細]
少年写真家の見た明治日本

少年写真家の見た明治日本

宮田奈奈/ペーター・パンツァー 編
定価:7,150円
(本体 6,500円)
邪馬台国は福岡県朝倉市にあった!!

邪馬台国は福岡県朝倉市にあった!!

安本美典 著
定価:1,980円
(本体 1,800円)
誰も語らなかった フェルメールと日本

誰も語らなかった フェルメールと日本

田中英道 著
定価:1,650円
(本体 1,500円)
専門図書館探訪

専門図書館探訪

青柳英治・長谷川昭子 共著/専門図書館協議会 監修
定価:2,200円
(本体 2,000円)
twitter
サイドエリア 総合目録
ショッピングカート