日本史(近現代)

日本「文」学史 第三冊 A New History of Japanese “Letterature” Vol.3

「文」から「文学」へ―東アジアの文学を見直す The Path from “Letters” to “Literature”: A Comparative History of East Asian Literatures
河野貴美子・Wiebke DENECKE・新川登亀男・陣野英則 編
刊行年月:2019年5月
ISBN:978-4-585-29493-1
定価:4,180円
(本体 3,800円)

書物学 第15巻 金属活字と近代

編集部 編
刊行年月:2019年4月
ISBN:978-4-585-20715-3
定価:1,650円
(本体 1,500円)

親日台湾の根源を探る

台湾原住民神話と日本人
諏訪春雄 著
刊行年月:2019年4月
ISBN:978-4-585-22239-2
定価:1,100円
(本体 1,000円)

女性労働の日本史

古代から現代まで
総合女性史学会・辻浩和・長島淳子・石月静恵 編
刊行年月:2019年3月
ISBN:978-4-585-22235-4
歴史を担ってきた女性たち
定価:4,180円
(本体 3,800円)

日本の文化財

守り、伝えていくための理念と実践
池田寿 著
刊行年月:2019年3月
ISBN:978-4-585-20064-2
過去、現在、そして未来へ―
定価:3,520円
(本体 3,200円)

森林と権力の比較史

松沢裕作 編
刊行年月:2019年2月
ISBN:978-4-585-22234-7
定価:7,700円
(本体 7,000円)

近代人文学はいかに形成されたか

学知・翻訳・蔵書
甚野尚志・河野貴美子・陣野英則 編
刊行年月:2019年2月
ISBN:978-4-585-20068-0
人文学という創造の系譜
定価:8,800円
(本体 8,000円)

図書館の日本史

新藤透 著
刊行年月:2019年1月
ISBN:978-4-585-20067-3
日本人の隣にはいつも本があった―
定価:3,960円
(本体 3,600円)

国体はどのように語られてきたか

歴史学としての「国体」論
小林敏男 著
刊行年月:2019年1月
ISBN:978-4-585-22228-6
日本人は、「日本」という国家のありようを、いかに考え、論じてきたか―
定価:3,850円
(本体 3,500円)

ユーラシアのなかの宇宙樹・生命の樹の文化史

山口博 監修/正道寺康子 編
刊行年月:2018年12月
ISBN:978-4-585-22694-9
聖樹を核とするユーラシアの文化回廊を描く
定価:3,080円
(本体 2,800円)

それでも東條英機は太平洋戦争を選んだ

昭和天皇が信頼した男の正体
鈴木荘一 著
刊行年月:2018年11月
ISBN:978-4-585-22226-2
定価:880円
(本体 800円)

幕末の天才 徳川慶喜の孤独

平和な「議会の時代」を目指した文治路線の挫折
鈴木荘一 著
刊行年月:2018年11月
ISBN:978-4-585-22224-8
定価:880円
(本体 800円)

おすすめ商品

おすすめ

  [詳細]
ラジオの技術・産業の百年史

ラジオの技術・産業の百年史

岡部匡伸 著
定価:5,940円
(本体 5,400円)
新彰義隊戦史

新彰義隊戦史

大藏八郞 編
定価:7,700円
(本体 7,000円)
古文書への招待

古文書への招待

日本古文書学会 編
定価:3,300円
(本体 3,000円)
土地の記憶から読み解く早稲田

土地の記憶から読み解く早稲田

ローザ・カーロリ 著/大内紀彦、フィリッポ・ドルネッティ 訳
定価:2,970円
(本体 2,700円)
twitter
サイドエリア 総合目録
ショッピングカート