哲学・宗教・民俗

中央アジアの歴史と現在

草原の叡智
松原正毅 編
刊行年月:2020年3月
ISBN:978-4-585-22709-0
定価:2,640円
(本体 2,400円)

前近代東アジアにおける〈術数文化〉

水口幹記 編
刊行年月:2020年3月
ISBN:978-4-585-22710-6
定価:3,520円
(本体 3,200円)

南方熊楠と日本文学

伊藤慎吾 著
刊行年月:2020年3月
ISBN:978-4-585-22270-5
人文学黎明期に、熊楠は日本文学にどのような価値を見出し、学問に利用していったのか?
定価:7,700円
(本体 7,000円)

東の自生観と西の創造観

平川祐弘 著
刊行年月:2020年3月
ISBN:978-4-585-29428-3
定価:15,400円
(本体 14,000円)

琉球船漂着者の「聞書」世界

『大島筆記』翻刻と研究
島村幸一 編
刊行年月:2020年3月
ISBN:978-4-585-29197-8
アジアのなかの琉球を知るための貴重資料
定価:11,000円
(本体 10,000円)

知っておきたい 和食の秘密

渡辺望 著
刊行年月:2020年3月
ISBN:978-4-585-23075-5
世界は和食ブーム!―ラーメン・オムライスから懐石料理まで
定価:990円
(本体 900円)

西洋人の神道観

日本人のアイデンティティーを求めて
平川祐弘 著
刊行年月:2020年3月
ISBN:978-4-585-29416-0
定価:8,800円
(本体 8,000円)

日本建築の歴史的評価とその保存

山岸常人 著
刊行年月:2020年2月
ISBN:978-4-585-22268-2
吾々は建築なくしては記憶することは出来ない―ジョン・ラスキン『建築の七灯』
定価:18,700円
(本体 17,000円)

甦る「豊後切支丹史料」

バチカン図書館所蔵マレガ氏収集文書より
松井洋子・佐藤孝之・松澤克行 編
刊行年月:2020年2月
ISBN:978-4-585-22261-3
原本をもとに再翻刻した決定版
定価:13,200円
(本体 12,000円)

近世豪商・豪農の〈家〉経営と書物受容

北奥地域の事例研究
鈴木淳世 著
刊行年月:2020年2月
ISBN:978-4-585-22265-1
「知」はどのように彼らの行動を規定したか―
定価:11,000円
(本体 10,000円)

明治の教養

変容する〈和〉〈漢〉〈洋〉
鈴木健一 編
刊行年月:2020年1月
ISBN:978-4-585-29193-0
社会の基盤をなす「知」は、いかに変容していったか
定価:8,250円
(本体 7,500円)

水門 第二十九号

言葉と歴史
水門の会 編
刊行年月:2020年1月
ISBN:978-4-585-22443-3
歴史文化研究の交流拠点、開港
定価:3,850円
(本体 3,500円)

おすすめ

  [詳細]
この本を書いたのは誰だ?

この本を書いたのは誰だ?

村上征勝 著
定価:1,980円
(本体 1,800円)
ニコラエフスクの日本人虐殺

ニコラエフスクの日本人虐殺

アナトーリー・グートマン 著/長勢了治 訳
定価:4,180円
(本体 3,800円)
陸軍中将 樋口季一郎の遺訓

陸軍中将 樋口季一郎の遺訓

樋口隆一 編著
定価:4,950円
(本体 4,500円)
ビジュアル資料でたどる 文豪たちの東京

ビジュアル資料でたどる 文豪たちの東京

日本近代文学館 編
定価:3,080円
(本体 2,800円)
twitter
サイドエリア 総合目録
ショッピングカート