アサヒコシンノウデン

朝彦親王伝

維新史を動かした皇魁
徳田武 著
ISBN 978-4-585-22025-1 Cコード 1021
刊行年月 2011年12月 判型・製本 A5判・上製 344 頁
キーワード 伝記,日本史,幕末,近代

定価:5,280円
(本体 4,800円) ポイント:144pt

数量 :
remove add
書籍の詳細
悲劇の英傑から描かれる、もうひとつの幕末・維新史

「八月十八日の政変」で宮廷を動かし、池田屋事件では命を狙われた朝彦親王は、幕末期において、孝明天皇、徳川慶喜を陰で支えるなど大きな影響力を持ちながら、「史実」に記されることが少ない人物である。
『朝彦親王日記』『孝明天皇紀』など、幕末維新の重要史料を仔細に読み解き、その知られざる生涯を描きだす。

 

 

目次
序 章
第一章  出生の秘密と幼少期
第二章  川路聖謨と朝彦親王
第三章  青蓮院座主時代
第四章  親王謹慎
第五章  親王復帰
第六章  八月十八日政変
第七章  長州の雪冤運動
第八章  禁門の変
第九章  長州征伐
第十章  天皇薨去
第十一章 結
プロフィール

徳田武(とくだたけし)
1944年群馬県生まれ。明治大学法学部教授。早稲田大学第一文学部卒、1974年同大学院博士課程修了。文学博士。
1979年に窪田空穂賞、1980年に日本古典文学会賞、1987年に『日本近世小説と中国小説』で日本学士院賞を受賞。
主な編・著書に、『梁田蛻巌 秋山玉山』(江戸詩人選集2、岩波書店、1992、復刊、2002)、『近世説美少年録』1・2・3(新編日本古典文学全集、小学館、1999~2001)、『日本古典文学研究史大事典』(勉誠出版、1997)、『日本漢詩集』(新編日本古典文学全集、小学館、2002)、『近世日中文人交流史の研究』(研文出版、2004)、『幕末維新の文人と志士たち』(ゆまに書房、2008)、『元治夢物語―幕末同時代史』(岩波文庫、2008)などがある。

その他

「日本経済新聞」(2012年2月19日)にて、本書の書評が掲載されました。(評者:中村彰彦(作家))

関連商品

この商品をお求めのお客様はこんな商品もお求めです。

おすすめ

  [詳細]
誰も語らなかった フェルメールと日本

誰も語らなかった フェルメールと日本

田中英道 著
定価:1,650円
(本体 1,500円)
専門図書館探訪

専門図書館探訪

青柳英治・長谷川昭子 共著/専門図書館協議会 監修
定価:2,200円
(本体 2,000円)
少年写真家の見た明治日本

少年写真家の見た明治日本

宮田奈奈/ペーター・パンツァー 編
定価:7,150円
(本体 6,500円)
邪馬台国は福岡県朝倉市にあった!!

邪馬台国は福岡県朝倉市にあった!!

安本美典 著
定価:1,980円
(本体 1,800円)
twitter
サイドエリア 総合目録
ショッピングカート