ニホンカンジオンシロンコウ

日本漢字音史論考

湯沢質幸 著
ISBN 978-4-585-10007-2 Cコード 3081
刊行年月 1996年2月 判型・製本 A5判・上製 340 頁
キーワード 上代,中古,中世,近世,東アジア,日本語

定価:10,467円
(本体 9,515円) ポイント:285pt

 品切 
書籍の詳細

中国音がいかなる背景のもとで日本に渡来し、使用され、日本漢字音として定着していったのか。
日本漢字音史の再構成を目指す観点から、その大枠を明らかにしつつ、黎明期である奈良〜平安初期(第二章「漢音の奨励と呉音・漢音」)、および円熟期である江戸期(第三章「江戸期の漢字音」)に焦点を据えて論じる。漢字音研究への社会言語学的観点からのアプローチを試みるなど、日本漢字音史の全体像をより立体的・動的に描くよう試みる。

 

 

おすすめ

  [詳細]
増補改訂新版 日本中世史入門

増補改訂新版 日本中世史入門

秋山哲雄・田中大喜・野口華世 編
定価:4,180円
(本体 3,800円)
元朝の歴史

元朝の歴史

櫻井智美・飯山知保・森田憲司・渡辺健哉 編
定価:3,520円
(本体 3,200円)
古文書への招待

古文書への招待

日本古文書学会 編
定価:3,300円
(本体 3,000円)
土地の記憶から読み解く早稲田

土地の記憶から読み解く早稲田

ローザ・カーロリ 著/大内紀彦、フィリッポ・ドルネッティ 訳
定価:2,970円
(本体 2,700円)
twitter
サイドエリア 総合目録
ショッピングカート