ヘミングウェイダイジテン

ヘミングウェイ大事典

今村楯夫・島村法夫 監修
ISBN 978-4-585-20009-3 Cコード 1597
刊行年月 2012年7月 判型・製本 B5判・上製 956 頁
キーワード 総記,戦争

定価:27,500円
(本体 25,000円) ポイント:750pt

数量 :
remove add
書籍の詳細
作品はもとより、その伝説的な生き様、洗練されたライフスタイルまで、ヘミングウェイのすべてを網羅した大事典、ついに刊行!

『日はまた昇る』『武器よさらば』『誰がために鐘は鳴る』『老人と海』……。
数々の名作で知られる文豪の全主要作品を解説。
また、スペイン内戦、キューバ、キーウエスト、釣り、酒、ハードボイルド、氷山理論、闘牛など、その人生を彩った無数のキーワードを網羅。最新の研究成果を踏まえた決定版大事典!
研究者、大学・公共図書館必備。

 

 

目次
第Ⅰ部 作品篇
第Ⅱ部 一般項目篇

*詳細な目次は「チラシはこちら」をご覧ください。
プロフィール

今村楯夫(いまむら・たてお)
1943年生まれ。アメリカ文学者、東京女子大学教授。 ニューヨーク州立大学大学院(ビンガムトン校)博士課程修了。日本ヘミングウェイ協会を設立し、現在同会顧問。
主な著書に『ヘミングウェイと猫と女たち』 (新潮社、1990年)、『ヘミングウェイのパリ・ガイド』(小学館、1998年)、『ヘミングウェイの流儀』(山口淳との共著、日本経済新聞出 版社、2010年)、などがあるほか、翻訳も多い。

島村法夫(しまむら・のりお)
アメリカ文学者、中央大学教授。立教大学大学院文学研究科英米文学専攻修士課程修了。日本ヘミングウェイ協会会長。
主な著書に『ヘミングウェイ─ 人と文学』(勉 誠出版、2005年)、翻訳に『欲望を読む─作者性、セクシュアリティ、そしてヘミングウェイ』(デブラ・モデルモグ著、小笠原亜衣との共訳、松柏社、2003年)などがある。

その他

・「トーハン週報」(2012 3/23号)の「情報スクランブル」欄にて、本書の紹介文が掲載されました。
・「週刊読書人」(2012年7月20日)にて、本書の紹介文が大きく掲載されました。
・「図書新聞」(2012年7月28日)にて、本書の紹介文が大きく掲載されました。
・「朝日新聞」(2012年8月5日)にて、本書の紹介文が掲載されました。
・「東京新聞」(2012年8月15日)にて、本書の紹介文が掲載されました。

関連商品

この商品をお求めのお客様はこんな商品もお求めです。

おすすめ

  [詳細]
誰も語らなかった フェルメールと日本

誰も語らなかった フェルメールと日本

田中英道 著
定価:1,650円
(本体 1,500円)
専門図書館探訪

専門図書館探訪

青柳英治・長谷川昭子 共著/専門図書館協議会 監修
定価:2,200円
(本体 2,000円)
邪馬台国は福岡県朝倉市にあった!!

邪馬台国は福岡県朝倉市にあった!!

安本美典 著
定価:1,980円
(本体 1,800円)
少年写真家の見た明治日本

少年写真家の見た明治日本

宮田奈奈/ペーター・パンツァー 編
定価:7,150円
(本体 6,500円)
twitter
サイドエリア 総合目録
ショッピングカート