コレクション中国同時代小説2
オウゴンジダイ

黄金時代

王小波 著/桜庭ゆみ子 訳
ISBN 978-4-585-29512-9 Cコード 0397
刊行年月 2012年4月 判型・製本 四六判・上製 400 頁
キーワード 中国

定価:3,960円
(本体 3,600円) ポイント:108pt

数量 :
remove add
書籍の詳細
夭折した伝説の作家

『黄金時代』は、雲南の農村に下放した青年と女医の「ふしだら」な関係の顛末を描く。
逃走した二人は山中に隠れて暮らすが、やがて農場に戻り、監禁されて始末書を書かされた。しかし20年後、北京で再会した二人は往事を回想し、あのころが「黄金時代」だったと語り合う。
台湾『聯合報』文学賞中篇小説大賞(1993)の受賞作。

 

 

目次
(収録作品)
・『黄金時代』
・『三十而立』
・『流れゆく時の中で』
・『白銀時代』
プロフィール

王小波(ワンシャオポー/Wang Xiaobo)
1952年、北京生まれ。1968年に農村へ下放。文革後は編集者、教員を経て、1984年に渡米し比較文学を学ぶ。帰国後、本格的に創作活動を展開。その作品は当初、台湾をはじめ海外の華人社会で高く評価された。
1997年に心臓病のため45歳の若さで急逝したあと、中国本土でも「王小波現象」と呼ばれる大ブームが起こった。

関連商品

この商品をお求めのお客様はこんな商品もお求めです。

おすすめ

  [詳細]
ビジュアル資料でたどる 文豪たちの東京

ビジュアル資料でたどる 文豪たちの東京

日本近代文学館 編
定価:3,080円
(本体 2,800円)
陸軍中将 樋口季一郎の遺訓

陸軍中将 樋口季一郎の遺訓

樋口隆一 編著
定価:4,950円
(本体 4,500円)
荒れ野の六十年

荒れ野の六十年

與那覇潤 著
定価:3,520円
(本体 3,200円)
この本を書いたのは誰だ?

この本を書いたのは誰だ?

村上征勝 著
定価:1,980円
(本体 1,800円)
twitter
サイドエリア 総合目録
ショッピングカート