コクホウ メイブツオオデンタ メイブツタロサクマサムネ メイブツトミタゴウ トウケンサンフリ

国宝 名物大典太・名物太郎作正宗・名物富田郷〈刀剣三振〉

財団法人前田育徳会 編
ISBN 978-4-585-22532-4 Cコード 0021
刊行年月 2012年4月 判型・製本 A4判・並製 18 頁
キーワード 美術,文化史,日本史,近世,中世

定価:880円
(本体 800円) ポイント:24pt

数量 :
remove add
書籍の詳細

加賀藩主前田家が所蔵する国宝の刀剣三振「名物大典太」「名物太郎作正宗」「名物富田郷」をフルカラーで紹介。
これらの国宝以外に、かつて前田家にあった刀剣や腰物帳について触れ、その伝来やエピソード、入手の経緯など解説。蔵品の図録としてだけではなく、歴史資料として活用できる1冊。

刀剣三振のうち、とりわけ名物大典太は、足利将軍家の重宝であったが、時を経て豊臣秀吉の所有するところとなり、前田利家に下賜された重器である。前田家に代々伝わり、明治維新以降、これら三振は、明治天皇の前田邸御成の際に叡覧に供した。
そして、大正、昭和の前田家十六代目当主前田利為は、五代藩主前田綱紀の故事にならい文書を中心とした財団設立の準備のために、二回、所有の文化財を売却した。その際に刀剣三十三振も売却されたが、これらの三振の刀剣は、ついぞ売却されることはなかった。まさに名宝中の名宝である。

 

 

目次
財団法人前田育徳会所蔵の刀剣

名物大典太(銘光世作)

名物太郎作正宗(無銘正宗)

名物富田郷(無銘義弘)

江戸~明治時代のエピソード
 末森合戦と奥村永福夫妻―前田家と奥村家
 芳春院と守刀
 将軍家と前田家―御成と遺品を通して
 前田家と皇室
 財団設立資金―刀剣等の売却

江戸~明治時代の腰物帳
 江戸時代の蔵帳
 明治時代の蔵帳
プロフィール

財団法人前田育徳会(まえだいくとくかい)とは・・・
加賀藩主前田家伝来の古書籍、古美術品、刀剣などの文化遺産を保存管理する公益法人。
所在地は東京都目黒区駒場。所蔵の古書籍類は尊経閣(そんけいかく)文庫の名で知られる。

関連商品

おすすめ

  [詳細]
怪異学講義

怪異学講義

東アジア恠異学会 編
定価:3,520円
(本体 3,200円)
列伝体 妖怪学前史

列伝体 妖怪学前史

伊藤慎吾・氷厘亭氷泉 編
定価:3,080円
(本体 2,800円)
書物・印刷・本屋

書物・印刷・本屋

藤本幸夫 編
定価:17,600円
(本体 16,000円)
100人の作家で知る ラテンアメリカ文学ガイドブック

100人の作家で知る ラテンアメリカ文学ガイドブック

寺尾隆吉 著
定価:3,080円
(本体 2,800円)
twitter
サイドエリア 総合目録
ショッピングカート