シンシテンテッテイツイセキ ホウジョウキトカモノチョウメイ

新視点・徹底追跡 方丈記と鴨長明

歴史と文学の会 編
ISBN 978-4-585-29035-3 Cコード 0091
刊行年月 2012年8月 判型・製本 四六判・上製 312 頁
キーワード 評論,古典,室町,中世

定価:3,080円
(本体 2,800円) ポイント:84pt

数量 :
remove add
書籍の詳細
いまなお読まれ続ける名著の真髄を解き明かす

鴨長明は、『方丈記』の中で見聞・遭遇した天災地変を克明に記し、心を悩ませ続けたこと、その折々の「たがひめ」(くい違い、つまずき)に 自然と「短き運」を悟ったことを吐露し、 方丈の庵での心に適した生活を語る。そうして最後に示す厳しい自問自答…。
『方丈記』成立800年の節目に、鴨長明と『方丈記』をあらゆる角度から論じる。

 

 

目次
方丈記(原文)
《現代語訳》 三野恵訳

【鴨長明を知る】
鴨長明伝―院政期下鴨社氏人の一生涯 田中宗博
鴨長明をめぐる人々 岡山高博
鴨長明の著作・概観 冨澤慎人

【問題点と新視点】
五大災厄記事の迫真性の意味―その構想上の位置づけ・『方丈記』における都へのまなざしから考える 福島尚
天変地異の描写から 魚尾孝久
「都の巽」の『方丈記』―「六条荒地」「日野山」「宇治山」という場所 下西善三郎
鴨長明と『方丈記』、二、三の考察 志村有弘
念仏者鴨長明―「不請阿弥陀仏」論 西川徹郎
『方丈記』の表現―『発心集』との比較を通して 新間水緒

【受容と影響】
『方丈記』が影響を受けた作品 石黒吉次郎
方丈石と文人 髙橋秀城
『方丈記』と近代文学 唐戸民雄

附『方丈記』の諸本 岡山高博
書評・関連書等

「週刊仏教タイムス」(2012年11月1日)にて、本書の紹介文が掲載されました。

関連商品

おすすめ

  [詳細]
ラジオの技術・産業の百年史

ラジオの技術・産業の百年史

岡部匡伸 著
定価:5,940円
(本体 5,400円)
新彰義隊戦史

新彰義隊戦史

大藏八郞 編
定価:7,700円
(本体 7,000円)
土地の記憶から読み解く早稲田

土地の記憶から読み解く早稲田

ローザ・カーロリ 著/大内紀彦、フィリッポ・ドルネッティ 訳
定価:2,970円
(本体 2,700円)
古文書への招待

古文書への招待

日本古文書学会 編
定価:3,300円
(本体 3,000円)
twitter
サイドエリア 総合目録
ショッピングカート