チュウゴクチュウセイブッキョウセッコクノケンキュウ

中国中世仏教石刻の研究

氣賀澤保規 編
ISBN 978-4-585-21012-2 Cコード 1015
刊行年月 2013年4月 判型・製本 A5判・上製 344 頁
キーワード 美術,仏教,中国

定価:10,450円
(本体 9,500円) ポイント:285pt

数量 :
remove add
書籍の詳細

魏晋南北朝期から隋唐期にかけて、仏教は社会の隅々まで浸透し、「仏教社会」と規定できる時代が到来した。
6世紀半ば以降の「末法到来」を起点とする時代に、仏教は中国においてどのように変容し、社会・文化に影響を与えていったのか。
風雪に耐え、破壊も免れ、後の時代へと仏教信仰の痕跡を伝え続けてきた諸種の仏教石刻に着目することにより、当時の仏教信仰の社会的・歴史的展開を照らし出す。

 

 

目次
序論 中国中世仏教石刻の地平 氣賀澤保規

第Ⅰ部 山東仏教石経の歴史的背景
山東泰嶧山区における刻経の新資料と北朝隋唐期の仏教 賴非 梶山智史訳
空王・空王仏・大空王仏―北朝末期仏教石刻に見る仏教の中国的変容― 手島一真
山東の摩崖刻経 ―諸訳・諸版本との比較結果、及び英訳の方針について― クラウディア・ヴェンツェル 羅翠恂訳

第Ⅱ部 山東仏教石刻の美術史的考察
隋時代の山東仏教造像について 八木春生
隋仁寿舎利塔と青州勝福寺址 長岡龍作
泉屋博古館所蔵「乾元孝義皇帝八国王等」銘舎利容器の空間構成 ウォーリー朗子
《コラム》悟りの時代:東アジア美術史におけるグローバルな視座―ロター・レダローゼ、アデル・シュロンブス両氏インタビュー― 羅翠恂訳

第Ⅲ部 中国中世仏教石刻の多様性と広がり
石碑の意匠「穿」について 徳泉さち
四川仏教石刻の性格 肥田路美
房山雲居寺石経事業と唐後半期の社会 氣賀澤保規

おわりに 氣賀澤保規

執筆者紹介
プロフィール

氣賀澤保規(けがさわ・やすのり)
1943年生まれ。明治大学文学部教授・同東アジア石刻文物研究所所長。専門は隋唐政治社会史、東アジア交流史。
編著書に『則天武后』(白帝社、1995年)、『中国仏教石経の研究―房山雲居寺石経を中心に―』(編著、京都大学学術出版会、1996年)、『府兵制の研究―府兵兵士とその社会―』(同朋舎(のち京都大学学術出版会)、1999年)、『復刻洛陽出土石刻時地記(郭玉堂原著)―附 解説・所載墓誌碑刻目録』(汲古書院、2002年)、『洛陽学国際シンポジウム報告論文集 東アジアにおける洛陽の位置』(汲古書院、2011年)、『中国の歴史6 絢爛たる世界帝国 隋唐帝国』(講談社、2005年)、『遣隋使がみた風景―東アジアからの新視点―』(編著、八木書店、2012年)などがある。

関連商品

おすすめ

  [詳細]
誤りと偽りの考古学・纒向

誤りと偽りの考古学・纒向

安本美典 著
定価:1,980円
(本体 1,800円)
少年写真家の見た明治日本

少年写真家の見た明治日本

宮田奈奈/ペーター・パンツァー 編
定価:7,150円
(本体 6,500円)
成功していた日本の原爆実験

成功していた日本の原爆実験

ロバート・ウィルコックス 著/矢野義昭 訳
定価:4,950円
(本体 4,500円)
発見! ユダヤ人埴輪の謎を解く

発見! ユダヤ人埴輪の謎を解く

田中英道 著
定価:1,100円
(本体 1,000円)
twitter
サイドエリア 総合目録
ショッピングカート