コレクションワタクシショウセツノボウケン ダイニカン キョジツノタワムレ

コレクション私小説の冒険 第二巻 虚実の戯れ

秋山駿・勝又浩 監修/私小説研究会 編
ISBN 978-4-585-29561-7 Cコード 1091
刊行年月 2013年10月 判型・製本 四六判・並製 304 頁
キーワード 近現代

定価:1,980円
(本体 1,800円) ポイント:54pt

数量 :
remove add
書籍の詳細
私小説は、事実でも虚構でもない。まさに、そのあわいにあって、読者を惑わす。
私小説という形式から生まれた、先鋭的な小説をここに集成。

私小説を外しては、日本文学は語れない。
私小説は日本人が作り上げてきた誇るべき文学の一様式である。日本語や日本文化の性格から生まれ成長して、今や人間を言葉によって探求し表現する器の一つとして、日本文化のなかに確たる位置を占めている。
この『コレクション 私小説の冒険』は、私小説が、いかに人とその生について豊饒な世界を見せているかを明らかにする小説集である。

【推薦文】

別段、私小説の復権を願っているものではない。前世紀的遺物でも一向にかまわない。私にとって、これはどうでも読まずにいられない対象であり、また、意地でも書かずにはおられぬ対象のものでしかないからだ。
もっとも、私小説だからと云って簡単に、十把一絡げで語られるのには腹が立つ。
なかなかに侮れぬところを有した厄介な形式であることを、本叢書収録作家群の多彩なバリエーションが如実に示してくれよう。

西村賢太

 

 

目次
森鷗外 魔睡
吉田健一 海坊主(*)
野坂昭如 俺はNOSAKAだ
吉屋信子 嫗の幻想(*)
辻潤 小説(*)
近松秋江 愛着の名残り(*)
太宰治 玩具
牧野信一 西瓜喰う人(*)
中沢けい さくらささくれ(*)
高見順 虚実
日野啓三 断崖にゆらめく白い掌の群(*)

「(*)」は掲載書籍が品切・絶版
プロフィール

秋山 駿(あきやま・しゅん)
文芸評論家。日本藝術院会員。『人生の検証』で第1回伊藤整文学賞評論部門、『信長』で第49回野間文芸賞および第50回毎日出版文化賞を受賞。著書に、『内部の人間』(南北社、1967)、『私小説という人生』(新潮社、2006)などがある。

勝又 浩(かつまた・ひろし)
文芸評論家。法政大学文学部名誉教授。「我を求めて――中島敦による私小説論の試み」で第17回群像新人文学賞評論部門、『中島敦の遍歴』で第13回やまなし文学賞研究・評論部門を受賞。著書に、『我を求めて』(講談社、1978)、『「鐘の鳴る丘」世代とアメリカ』(白水社、2012)などがある。

私小説研究会(わたくししょうせつけんきゅうかい)
1999年より「法政大学大学院私小説研究会」の名称で活動を開始。2000年から2009年までに研究誌『私小説研究』第1期・10冊を刊行。「私小説研究会」と名称を改め、本シリーズ「コレクション 私小説の冒険」のほか、『私小説ハンドブック』を編集の予定。

梅澤亜由美(うめざわ・あゆみ)
第2巻 責任編集者。大正大学准教授。著書に、『私小説の技法』(勉誠出版、2012)、共同監修に『日本文学研究文献要覧2005~2009』(日外アソシエーツ、2010)などがある。

書評・関連書等

「週刊読書人」(2014年1月31日)にて、本書の紹介文が大きく掲載されました。

関連商品

この商品をお求めのお客様はこんな商品もお求めです。

おすすめ

  [詳細]
スイス使節団が見た幕末の日本

スイス使節団が見た幕末の日本

横浜市ふるさと歴史財団・ブレンワルド日記研究会 編
定価:10,780円
(本体 9,800円)
「本読み」の民俗誌

「本読み」の民俗誌

川島秀一 著
定価:3,850円
(本体 3,500円)
ビジュアル資料でたどる 文豪たちの東京

ビジュアル資料でたどる 文豪たちの東京

日本近代文学館 編
定価:3,080円
(本体 2,800円)
文化情報学事典

文化情報学事典

村上征勝 監修/金明哲・小木曽智信・中園聡・矢野桂司・赤間亮・阪田真己子・宝珍輝尚・芳沢光雄・渡辺美智子・足立浩平 編
定価:19,800円
(本体 18,000円)
twitter
サイドエリア 総合目録
ショッピングカート