サントウカシュウクカンショウジテン

山頭火秀句鑑賞事典

北影雄幸 著
ISBN 978-4-585-21525-7 Cコード 0092
刊行年月 2014年6月 判型・製本 四六判・上製 400 頁
キーワード 総記,伝記,詩歌,近現代

定価:3,520円
(本体 3,200円) ポイント:96pt

数量 :
remove add
書籍の詳細
晴れきつた空はふるさと

漂泊流転、孤独な旅に徹した自由俳人。
山頭火の俳句や日記から感得する第一は、日本の自然風土の美しさ、四季のめぐりの美しさです。
一層こころに強く訴えて来るもの、それは日本人の誰もが持っている心根の優しさであり、人を思いやる心の美しさです。

 

 

目次
まえがき

序章 山頭火を知るための基礎知識
一  出自と血脈
二  武士道精神
三  母の自殺
四  家庭崩壊
五  大種田の没落
六  出家得度
七  禅門修行
八  一期一会
九  行雲流水
十  愚を守る
十一 句作道

第一部 年代別・山頭火の秀句鑑賞
[漂泊放浪以前]明治四十四年(山頭火三十歳)~大正十四年(四十四歳)
[漂泊放浪以後]大正十五年 (四十五歳)~昭和十五年(五十九歳) 

第二部 テーマ別・山頭火の秀句鑑賞
Ⅰ 日本の心
 一 肉親愛
 二 郷土愛
 三 祖国愛
 四 死生観

Ⅱ 孤独の旅人
 一 旅の情感
 二 山の旅情
 三 海と水の旅情
 四 空の詩情
 五 行乞流転

Ⅲ 山頭火風景
 一 草庵暮らし
 二 雑草風景
 三 青の情念
 四 透明感覚
 五 美的感性
プロフィール

北影雄幸(きたかげ・ゆうこう)
20代で、山頭火の句集『草木塔』に出会って大いに感銘し、その後40余年、折につけ山頭火の全句集、日記、随筆、書簡類に親しみ、現在に及ぶ。
著書に『実録・風林火山―「甲陽軍鑑」の正しい読み方』(第25回日本文芸大賞・歴史文芸賞受賞)、『武士道基本用語事典』等々、武士道関係、軍記・特攻関係に多数あり。

関連商品

おすすめ

  [詳細]
大宅壮一文庫解体新書

大宅壮一文庫解体新書

阪本博志 編
定価:3,850円
(本体 3,500円)
日本の図書館建築

日本の図書館建築

五十嵐太郎・李明喜 編
定価:3,850円
(本体 3,500円)
変化する社会とともに歩む学校図書館

変化する社会とともに歩む学校図書館

野口武悟 著
定価:2,420円
(本体 2,200円)
ラジオの技術・産業の百年史

ラジオの技術・産業の百年史

岡部匡伸 著
定価:5,940円
(本体 5,400円)
twitter
サイドエリア 総合目録
ショッピングカート