アジア遊学175
ソグドジントヒガシユーラシアノブンカコウショウ

ソグド人と東ユーラシアの文化交渉

森部豊 編
ISBN 978-4-585-22641-3 Cコード 1320
刊行年月 2014年8月 判型・製本 A5判・並製 280 頁
キーワード 交流史,アジア

定価:3,080円
(本体 2,800円) ポイント:84pt

 品切 
書籍の詳細

かつてオアシス都市に住んでいた歴史上の民族、ソグド人。
彼らはいかなる活動を行い、独自の文化を築いたのか。
四世紀から十一世紀にかけて草原世界から中国東端にわたるユーラシア地域を移住しながら交易活動を行ったソグド人の言語・文化・信仰や各地域における様相を、編纂史料のほか新出の石刻史料・出土文書史料・文物を用いた最新の研究成果で明らかにする。
またその東方活動を通して中国史を相対化し、新たな東ユーラシア世界史を構築する。

 

 

目次
総論 ソグド人と東ユーラシアの文化交渉―ソグド人の東方活動史研究序説 森部豊

[ソグド人の文化と思想(信仰)]
ソグド文字の縦書きは何時始まったか 吉田豊 
中国におけるソグド姓の歴史 斉藤達也
唐代中国におけるソグド人と仏教 中田美絵
ソグド人の墓と葬具―中国とソグディアナ 影山悦子

[唐朝の中のソグド人]
『天聖令』と唐のソグド人 石見清裕
トゥルファンにおけるソグド人 荒川正晴
ソグド人と敦煌 赤木崇敏
長安・洛陽のソグド人 福島恵
北朝末〜唐初におけるソグド人軍府と軍団 山下将司
八世紀半ば〜十世紀の北中国政治史とソグド人 森部豊

[草原世界の中のソグド人]
突厥碑文から見るトルコ人とソグド人 鈴木宏節 
突厥とソグド人―漢文石刻史料を用いて 齊藤茂雄
西突厥におけるソグド人 大澤孝
ソグドからウイグルへ 松井太
プロフィール

森部豊(もりべ・ゆたか)
関西大学文学部教授。専門は、唐・五代史、東ユーラシア史。
著書に『ソグド人の東方活動と東ユーラシア世界の歴史的展開』(関西大学出版部、2010年)、『安禄山―「安史の乱」を起こしたソグド人』(山川出版社、2013年)などがある。

関連商品

この商品をお求めのお客様はこんな商品もお求めです。

おすすめ

  [詳細]
ロマノフ王朝時代の日露交流

ロマノフ王朝時代の日露交流

東洋文庫・生田美智子 監修/牧野元紀 編
定価:4,180円
(本体 3,800円)
文化情報学事典

文化情報学事典

村上征勝 監修/金明哲・小木曽智信・中園聡・矢野桂司・赤間亮・阪田真己子・宝珍輝尚・芳沢光雄・渡辺美智子・足立浩平 編
定価:19,800円
(本体 18,000円)
日本の表装と修理

日本の表装と修理

岩﨑奈緒子・中野慎之・森道彦・横内裕人 編
定価:7,700円
(本体 7,000円)
挑発する軍記

挑発する軍記

大津雄一 著
定価:4,180円
(本体 3,800円)
twitter
サイドエリア 総合目録
ショッピングカート