東洋文庫善本叢書7
コクホウ コブンショウショ カンダイサン カンダイゴ カンダイジュウニ ジュウヨウブンカザイ コブンショウショ カンダイロク

国宝 古文尚書 巻第三・巻第五・巻第十二/重要文化財 古文尚書 巻第六

公益財団法人 東洋文庫 監修/石塚晴通・小助川貞次 解題
ISBN 978-4-585-28207-5 Cコード 3080
刊行年月 2015年6月 判型・製本 変形判・上製 168 頁
キーワード 国語学,漢文,比較文学,古典,中国

定価:44,000円
(本体 40,000円) ポイント:1200pt

数量 :
remove add
書籍の詳細
世界に誇る白眉の書物を原寸原色で初公開

『尚書』は中国最古の史書で儒教の基本経典のひとつ。「国宝 古文尚書」はわが国最古の伝本であり、唐代中期に玄宗皇帝により文字が改められる以前の、漢代の隷書体文字による古態を有した極めて貴重なもの。紙背には室町期の書写にかかる和漢の年号選字に関する種々の記録を集めた『元秘抄』が記されている。
また、国宝・重文ともに多くの訓点や書入を有しており、明経道における学問の実態を伝える漢籍訓点資料として国語学・漢籍受容史上において貴重な資料である。

【本シリーズの特長】
・国際的な東洋学の研究拠点として名高い「公益財団法人 東洋文庫」所蔵の国宝5点、重要文化財6点を含む貴重古典籍全16点を、全12巻にわたって全編フルカラー原寸で影印。
・対象典籍の全編フルカラー影印は史上初。これまでに全編が公開されることのなかった典籍を多く含んでおり、今後の研究の基礎図書となるものである。
・高精細な製版・印刷により、原本の質感を再現。筆致や書入、訓点までもが仔細に観察できる。紙背の墨付も全て影印。
・古典籍に通暁した石塚晴通(北海道大学名誉教授)・小助川貞次(富山大学教授)・豊島正之(上智大学教授)・會谷佳光(東洋文庫図書部課長)による解題を収載。新知見を盛り込み、歴史的・文化的位置づけを明らかにする。

 

 

書評・関連書等

★広告情報
「朝日新聞」(2018年11月17日)に全5段広告を掲載しました。

関連商品

この商品をお求めのお客様はこんな商品もお求めです。

おすすめ

  [詳細]
ビジュアル資料でたどる 文豪たちの東京

ビジュアル資料でたどる 文豪たちの東京

日本近代文学館 編
定価:3,080円
(本体 2,800円)
「本読み」の民俗誌

「本読み」の民俗誌

川島秀一 著
定価:3,850円
(本体 3,500円)
スイス使節団が見た幕末の日本

スイス使節団が見た幕末の日本

横浜市ふるさと歴史財団・ブレンワルド日記研究会 編
定価:10,780円
(本体 9,800円)
陸軍中将 樋口季一郎の遺訓

陸軍中将 樋口季一郎の遺訓

樋口隆一 編著
定価:4,950円
(本体 4,500円)
twitter
サイドエリア 総合目録
ショッピングカート