ツダソウキチ ダイニホンテイコクトノタイケツ

津田左右吉、大日本帝国との対決

天皇の軍服を脱がせた男
大井健輔 著
ISBN 978-4-585-22111-1 Cコード 0023
刊行年月 2015年3月 判型・製本 四六判・上製 384 頁
キーワード 伝記,日本史,昭和,大正,明治,近現代

定価:3,520円
(本体 3,200円) ポイント:96pt

数量 :
remove add
書籍の詳細
「今に日本は世界中から袋叩きにあうぞ」

明治末年、津田は日本近代の破局を予言した。
天皇を軍事指導者に祀り上げる帝国に真っ向から対決し、その本来の姿を説いた「津田裁判」。
法廷対決に秘められた歴史の叡智とは?

戦後70年、全く新しい「格闘する」評伝津田左右吉。

 

 

目次
まえがき
第一章 煩悶する明治青年の肖像 ―藤村操自殺の衝撃―
第二章 大正デモクラシー時代の国民性批判 ―エルテルからファウストへ―
第三章 東洋の日本で無く世界の日本であれ ―昭和に現れた「脱亜論」―
第四章 大日本帝国との対決 ―「軍人天皇」から「国民の天皇へ」―
第五章 戦後日本人への頂門の一針 ―成長なき日本人へ―
あとがき
解説(三浦小太郎・評論家)
プロフィール

大井健輔(おおい・けんすけ)
本名 児玉友春。昭和56年(1981)2月28日生まれ。千葉県柏市出身。立教大学文学部史学科卒。同大文学研究科史学専攻修士課程修了。同大同博士課程中退。研究分野は日本思想史。
『新日本学』(拓殖大学日本文化研究所)『昭和史講座』(保阪正康事務所)『北の発言』(西部邁事務所)『史学雑誌』(東京大学文学部)『皇学館論叢』(皇学館大学人文学会)『立教日本史論集』(立教大学日本史研究会)などに論文掲載。

その他

・「信濃毎日新聞」(2015年5月3日)にて、本書の書評が掲載されました。
・「千葉日報」(2015年5月4日)にて、本書の書評が掲載されました。

関連商品

おすすめ

  [詳細]
誰も語らなかった フェルメールと日本

誰も語らなかった フェルメールと日本

田中英道 著
定価:1,650円
(本体 1,500円)
専門図書館探訪

専門図書館探訪

青柳英治・長谷川昭子 共著/専門図書館協議会 監修
定価:2,200円
(本体 2,000円)
少年写真家の見た明治日本

少年写真家の見た明治日本

宮田奈奈/ペーター・パンツァー 編
定価:7,150円
(本体 6,500円)
邪馬台国は福岡県朝倉市にあった!!

邪馬台国は福岡県朝倉市にあった!!

安本美典 著
定価:1,980円
(本体 1,800円)
twitter
サイドエリア 総合目録
ショッピングカート