ノウメンヲカガクスル

能面を科学する

世界の仮面と演劇
神戸女子大学古典芸能研究センター 編
ISBN 978-4-585-27027-0 Cコード 3074
刊行年月 2016年3月 判型・製本 A5判・上製 344 頁
キーワード 美術,文化史

定価:4,620円
(本体 4,200円) ポイント:126pt

数量 :
remove add
書籍の詳細
なぜ、木彫りの面が、かくも多彩な表情を見せるのか―

これまで美的、芸能的観点から見つめられてきた能面。
そこに科学的にアプローチすることで、その「表情」の由来がさらに解明される。
材質研究、放射光X線CTなどの技術を駆使して、能面の内側まで「見つめる」、新たな能面研究。
宗教学者・山折哲雄氏、金剛流宗家・金剛永謹氏の論考も掲載。

 

 

目次
はじめに 大谷節子 

目次

まえがき

第Ⅰ部 見つめる能面
1 弘安元年銘翁面をめぐる考察―能面研究の射程 大谷節子 
2 能面のような人 山折哲雄 
3 演者の視点から見る能面 金剛永謹 

第Ⅱ部 世界の仮面を見つめる
1 ヨーロッパの仮面と仮面劇 ピーター・W・マルクス 
2 中国の仮面と仮面劇 廣田律子 
3 韓国の仮面と仮面劇―その歴史的展開と諧謔性を中心に― 李応寿 

第Ⅲ部 能面を見つめる
1 人類学の視点から見る仮面―仮面という装置が明かす人類の普遍性― 吉田憲司 
2 仮面と化粧、博物館、そして誤解をめぐる考察 ジュリー・イエッツィー 
3 能面の古層―神楽面から見えること― 宮本圭造 
4 猿楽面と神楽面―宮本圭造氏の研究報告に寄せて 竹本幹夫 
5 能面制作における模倣の概念について 根立研介 
6 能面模写とその図像的特徴、および能面制作に関するさらなる考察 スティーヴェン・マーヴィン 
7 材料科学の視点から見る能・狂言面 高妻洋成 
8 面の材質を科学する 杉山淳司 
9 若い女面―その演出と美学の変遷― モニカ・ベーテ 

あとがき 川森博司 
執筆者一覧

[付録]
能面・狂言面参考文献目録
英語要旨

関連商品

おすすめ

  [詳細]
ビジュアル資料でたどる 文豪たちの東京

ビジュアル資料でたどる 文豪たちの東京

日本近代文学館 編
定価:3,080円
(本体 2,800円)
文化情報学事典

文化情報学事典

村上征勝 監修/金明哲・小木曽智信・中園聡・矢野桂司・赤間亮・阪田真己子・宝珍輝尚・芳沢光雄・渡辺美智子・足立浩平 編
定価:19,800円
(本体 18,000円)
荒れ野の六十年

荒れ野の六十年

與那覇潤 著
定価:3,520円
(本体 3,200円)
この本を書いたのは誰だ?

この本を書いたのは誰だ?

村上征勝 著
定価:1,980円
(本体 1,800円)
twitter
サイドエリア 総合目録
ショッピングカート