メイジタイショウノニホンロンチュウゴクロン

明治・大正の日本論・中国論

比較文化学的研究
藤田昌志 著
ISBN 978-4-585-23046-5 Cコード 3030
刊行年月 2016年10月 判型・製本 A5判・上製 296 頁
キーワード 思想,中国,大正,明治,近代

定価:3,850円
(本体 3,500円) ポイント:105pt

数量 :
remove add
書籍の詳細

明治・大正の日本論・中国論をワンセットにして、今一度、近代日本の一級知識人(総勢11人)の日本論・中国論・対外論を比較文化学的に再考察し、これから進むべき日本論・中国論を創出する。

 

 

目次
はじめに
第一章 明治・大正の日本論・中国論 ―比較文化学的研究― 総論
第二章 勝海舟・福沢諭吉・中江兆民の日本論・中国論
第三章 徳富蘇峰の日本論・中国論
第四章 高山樗牛の日本論・中国論
第五章 石川啄木の日本論・対外論
第六章 吉野作造の日本論・中国論
第七章 内藤湖南の日本論・中国論
第八章 北一輝の日本論・中国論
第九章 石橋湛山の日本論・中国論
第十章 内村鑑三の日本論・中国論・対外論
あとがき・初出一覧・索引
プロフィール

藤田昌志(ふじた・まさし)
三重大学地域人材教育開発機構准教授。
専門は日中対照表現論、日中比較文化学、日本論、中国論、日本語教育。
主著に「日本の中国観」(朋友書店、2010)、「明治・大正の日中文化論」(三重大学出版会、2011)、「日本の中国観Ⅱ―比較文化学的考察―」(晃洋書房、2015)「日本語と中国語のモダリティ」(共著、白帝社、2015)など。

関連商品

この商品をお求めのお客様はこんな商品もお求めです。

おすすめ

  [詳細]
古文書への招待

古文書への招待

日本古文書学会 編
定価:3,300円
(本体 3,000円)
都市と宗教の東アジア史

都市と宗教の東アジア史

西本昌弘 編
定価:3,300円
(本体 3,000円)
樋口一葉詳細年表

樋口一葉詳細年表

伊藤氏貴・能地克宜 編
定価:16,500円
(本体 15,000円)
痛むだろう、指が

痛むだろう、指が

普玄 著/倉持リツコ 訳
定価:3,080円
(本体 2,800円)
twitter
サイドエリア 総合目録
ショッピングカート