ライブラリーぶっくす
トップランナーノトショカンカツヨウジュツ サイノウヲヒキダシタジョウホウクウカン

トップランナーの図書館活用術 才能を引き出した情報空間

岡部晋典 著
ISBN 978-4-585-20055-0 Cコード 1000
刊行年月 2017年8月 判型・製本 A5判・並製 312 頁
キーワード アーカイブズ,図書館

定価:2,200円
(本体 2,000円) ポイント:60pt

数量 :
remove add
書籍の詳細
ボルヘスさん、こんな図書館、知っていますか

メディアアーティストもスーパープログラマーも小説家もバッタ博士もAI研究者も
みんな、図書館で「読んで」きた!

各界のトップランナーたちはいかに図書館で鍛えられたか。
彼らは情報空間から何を引っ張り出し、どのようにキャリアを築いてきたのか。
彼らは今後、何を目指していくのか。
そして、そんな知のありかたを支える情報基盤は、果たしてどのようなものだろうか。
これらの問いを深く聞き出したインタビュー集がここに!
飛び交う学術用語。初心者であっても読めるように配置された過剰なまでの註。彼らの情報行動を丹念に辿ると同時に、利用者の姿から図書館の価値を描き出し、未来への展望を探る。これまでにない視座からの、全く新しい図書館論、読書論、情報活用論。

 

 

目次
はじめに

Ⅰ スペシャリストを鍛えた図書館
魔法使いとライブラリ  落合陽一(メディアアーティスト)
プログラミング少年、図書館で育つ  清水亮(株式会社UEI代表取締役社長)
バッタ博士、図書館から生まれる  前野ウルド浩太郎(バッタ博士)

Ⅱ プロフェッショナルの使い方
物語を紡ぐ人、物語と出会う場  三上延(小説家)
読書が今よりも輝いていた頃  竹内洋(教育社会学者)
あなたが好きな本をあなたが好きな人が知らないのは悔しいですよね? 谷口忠大(人工知能研究者、ビブリオバトル考案者)

Ⅲ Webの時代の図書館を活用する人々
小さな数学者たちの対話の場   結城浩(技術ライター、プログラマ)
宝の山の掘り出し方  荻上チキ(評論家)
図書館と青空文庫の秘密な関係  大久保ゆう(青空文庫、翻訳)

Ⅳ これからの図書館を作っている人々
デジタル・ライブラリアン  大場利康(国立国会図書館員)
だから、みんなが集まった  花井裕一郎(演出家、映像作家)
情報検索に魅せられて  原田隆史(図書館情報学者)

トップランナー達の見た図書館のこれまで、そしてこれから  岡部晋典
あとがき
プロフィール

岡部晋典(おかべ・ゆきのり)
1982年愛知県生まれ。筑波大学図書館情報専門学群卒、筑波大学大学院図書館情報メディア研究科博士前期課程修了、後期課程単位取得退学。博士(図書館情報学)。いくつかの大学の専任講師を経て、現在、同志社大学学習支援・教育開発センター助教。

関連商品

この商品をお求めのお客様はこんな商品もお求めです。

おすすめ

  [詳細]
邪馬台国は福岡県朝倉市にあった!!

邪馬台国は福岡県朝倉市にあった!!

安本美典 著
定価:1,980円
(本体 1,800円)
少年写真家の見た明治日本

少年写真家の見た明治日本

宮田奈奈/ペーター・パンツァー 編
定価:7,150円
(本体 6,500円)
専門図書館探訪

専門図書館探訪

青柳英治・長谷川昭子 共著/専門図書館協議会 監修
定価:2,200円
(本体 2,000円)
誰も語らなかった フェルメールと日本

誰も語らなかった フェルメールと日本

田中英道 著
定価:1,650円
(本体 1,500円)
twitter
サイドエリア 総合目録
ショッピングカート