石井正敏著作集1
コダイノニホンレットウトヒガシアジア

古代の日本列島と東アジア

石井正敏 著/鈴木靖民・赤羽目匡由・浜田久美子 編
ISBN 978-4-585-22201-9 Cコード 3020
刊行年月 2017年9月 判型・製本 A5判・上製 472 頁
キーワード 交流史,アジア,世界史,日本史,古代,近世,中世

定価:11,000円
(本体 10,000円) ポイント:300pt

数量 :
remove add
販促パンフレット



書籍の詳細
虚心に史料と対峙し、地域・時代を越えて数々の卓越した業績を残した碩学の軌跡

五世紀から十世紀におよぶ東アジア諸国、諸地域との関係性を、史料の博捜・吟味により描き出した論考十四篇を収載。

 

 

目次
序 言 鈴木靖民

Ⅰ 倭国と東アジア外交
 1 五世紀の日韓関係―倭の五王と高句麗・百済―
 2 『日本書紀』隋使裴世清の朝見記事について

Ⅱ 古代の日本と新羅・渤海
 3 日本・渤海間の名分関係―舅甥問題を中心に―
 4 八・九世紀の日羅関係
 5 九世紀の日本・唐・新羅三国間貿易について

Ⅲ 内憂と外患―貞観期の災害・海賊―
 6 円仁と張宝高―入唐日本人と新羅人―
 7 大宰府鴻臚館と張宝高時代を中心とする日本・新羅関係
 8 貞観十一年の震災と外寇
 9 貞観十一年の天災と外寇
 10 東アジア史からみた鞠智城

Ⅳ 古代国家の変転と残像
 11 『金液還丹百問訣』にみえる渤海商人李光玄について―日本渡航問題を中心に―
 12 『日本書紀』金春秋来日記事について
 13 藤原定家書写『長秋記』紙背文書「高麗渤海関係某書状」について
 14 東アジアの変動と日本外交

略年譜・著作目録
第一巻初出一覧
索 引
プロフィール

石井正敏(いしい・まさとし)
中央大学名誉教授。専門は古代・中世対外関係史。
著書に『日本渤海関係史の研究』(吉川弘文館、2001年)、『東アジア世界と古代の日本』(山川出版社、2003年)、『鎌倉「武家外交」の誕生』(NHK出版、2013年)などがある。

鈴木靖民(すずき・やすたみ)
横浜市歴史博物館館長・國學院大學名誉教授。専門は日本古代史・東アジア史。
著書に『古代日本の東アジア交流史』(勉誠出版、2016年)などがある。

赤羽目匡由(あかばめ・まさよし)
首都大学東京 都市教養学部准教授。専門は朝鮮古代史。
著書に『渤海王国の政治と社会』(吉川弘文館、2011年)などがある。

浜田久美子(はまだ・くみこ)
国立国会図書館司書。専門は日本古代史。
著書に『日本古代の外交儀礼と渤海』(同成社、2011年)などがある。

書評・関連書等

★書評・紹介★
『唐代史研究 第22号』(2019年8月)に新刊紹介が掲載されました。
 →紹介者:古畑 徹(金沢大学教授)

関連商品

この商品をお求めのお客様はこんな商品もお求めです。

おすすめ

  [詳細]
文化情報学事典

文化情報学事典

村上征勝 監修/金明哲・小木曽智信・中園聡・矢野桂司・赤間亮・阪田真己子・宝珍輝尚・芳沢光雄・渡辺美智子・足立浩平 編
定価:19,800円
(本体 18,000円)
スイス使節団が見た幕末の日本

スイス使節団が見た幕末の日本

横浜市ふるさと歴史財団・ブレンワルド日記研究会 編
定価:10,780円
(本体 9,800円)
ロマノフ王朝時代の日露交流

ロマノフ王朝時代の日露交流

東洋文庫・生田美智子 監修/牧野元紀 編
定価:4,180円
(本体 3,800円)
「本読み」の民俗誌

「本読み」の民俗誌

川島秀一 著
定価:3,850円
(本体 3,500円)
twitter
サイドエリア 総合目録
ショッピングカート