ミチヨリノバラ ダイヨンカン ツクバヘン

未知よりの薔薇 第四巻 筑波篇

竹本忠雄 著
ISBN 978-4-585-39504-1 Cコード 0095
刊行年月 2021年10月 判型・製本 四六判・並製 288 頁
キーワード 伝記

定価:2,200円
(本体 2,000円) ポイント:60pt

数量 :
remove add
書籍の詳細

パリ文壇にデビューし、初めて民間から起用された日本大使館の文化技術顧問として活躍したフランス留学時代。澁澤龍彦、横尾忠則など多くの若者たちが、その教えを乞いに、フランスの著者のもとに集まった。
マルローの東宮御進講を実現させ、筑波大学では「科学・技術と精神世界」という、研究者としてはタブーであった精神世界に踏み込んだ、国際学会を実現させる。
学問的には異端者と評されることもありがながら、自身の信念のもと、霊性の世界に真摯に対峙し続けた著者の、揺れ動く魂の軌跡をあますことなく書き上げる。


執行草舟、絶讃!
壮大な魂の叙事詩。
生涯を深奥世界のミステリー探索に賭した男の、勇気と、哀しみと、驚異に満ちた二十一世紀の黙示録。
執行草舟(『脱人間論』、『生くる』、『友よ』などの著者)


【第四巻あらすじ】
「コルドバからツクバへ」を標語に、筑波大学で壮大な「科学・技術と精神世界」国際会議を打ち上げるまでの悪戦苦闘の記録。
学徳ともに秀でた哲学者、湯浅泰雄博士との連帯で挑戦するも、仲間割れから三たび挫折の悲運に泣く。絶望的状況を京セラ社長稲盛和夫氏の助力により切り抜け、苦節三年ののち本懐をとげる。
その間、著者は、見えない世界への学問的架橋のプロセスが、そのまま自身の異界との交流のプロセスと不即離であると実感する。万事休すのどんづまりで、夢に老翁が二度顕現して吉兆を示してくれたこと、フランス取材班を連れて大神神社で一泊した夜に主祭神の顕現を見たことなどがそれで、ここから著者は更にヴィジョンの力を信じ、かつ幻視者としての自己の資質により目ざめていく。

【第四巻の主な登場人物】
湯浅泰雄(哲学者、筑波大教授)、松村栄子(芥川文学賞作家)、野々山真輝帆(スペイン文学、筑波大教授)、福田信之(筑波大学学長)、柴田周吉(三菱化成社長、筑波大学初代理事長)、村上和雄(分子生物学、筑波大教授)、小田晋(精神病理学、筑波大教授)、村松剛(文芸評論、筑波大教授)、大橋力(情報科学、芸能山城組)、中山和敬(大神神社宮司)、山本健造(福来心理学)、真鍋俊照(仏教美術学、真言宗権大僧正)、美輪明宏、村松英子(女優)、江崎玲於奈、村上陽一郎(科学史、東大教授)、本山博(超心理学、玉光神社宮司)、稲盛和夫(京セラ創業主)、森山信吾(資源エネルギー庁長官、第二電電初代社長)、井深大(ソニー創業者)、丸山敏秋(東洋思想、倫理研究所理事長)、デイヴィッド・ボーム(理論物理学、暗在系学説)、ユベール・リーヴス(天体物理学、仏CNRS)、アンドレ・ロス(仏外務次官、駐日大使)、堤清二(実業家、作家)、ミシェル・モントルレ(ラカン派哲学、パリ大学教授)、ラジャ・ラオ(インド人グルー、テキサス大学名誉教授)、池見酉次郎(心身医学、コルドバ会議参加)、伊藤俊太郎(科学史、東大教授)、ダリュシュ・シャエガン(パーレヴィ皇帝側近、イスラム神秘主義)、オリヴィエ・クレマン(カトリック・ギリシア正教神秘主義)、青木宏之(新体道創始師範)、石原慎太郎、ルネ・トム(カタストロフィ理論数学者)

 

 

プロフィール

竹本忠雄(TAKEMOTO Tadao, 1932~)
日仏両国語での文芸評論家。筑波大学名誉教授、コレージュ・ド・フランス元招聘教授。
東西文明間の深層の対話を基軸に、多年、アンドレ・マルローの研究者・側近として『ゴヤ論』『反回想録』などの翻訳、『マルローとの対話』などを出版、かたわら、日本文化防衛戦を提唱して欧米での反「反日」活動に従事(日英バイリンガル『再審「南京大虐殺」』等)。その途上で皇后陛下美智子さまの高雅なる御歌に開眼し、仏訳御撰歌集をパリで刊行、大いなる感動を喚起して、対立をこえた大和心の発露の使命を再確認する。
令和元年11月、仏文著書『宮本武蔵 超越のもののふ』(日本語版、勉誠出版)を機に、87歳でパリに招かれて記念講演を行い、新型コロナウィルス流行直前に帰国して、構想50余年、執筆8年で完成した『未知よりの薔薇』の米寿記念刊行に臨む。

書評・関連書等

★書評・紹介★
「産経新聞」(2021年11月29日・文化欄) にて大きく紹介されました。(→記事:桑原 聡 氏)

おすすめ

  [詳細]
史学科の比較史

史学科の比較史

小澤実・佐藤雄基 編
定価:7,700円
(本体 7,000円)
伝達と変容の日本建築史

伝達と変容の日本建築史

野村俊一 編
定価:3,850円
(本体 3,500円)
日本中世の課税制度

日本中世の課税制度

志賀節子・三枝暁子 編
定価:3,080円
(本体 2,800円)
宗教遺産テクスト学の創成

宗教遺産テクスト学の創成

木俣元一・近本謙介 編
定価:16,500円
(本体 15,000円)
twitter
サイドエリア 総合目録
ショッピングカート