エンギョウボンヘイケモノガタリノニホンゴシテキケンキュウ

延慶本平家物語の日本語史的研究

小川栄一 著
ISBN 978-4-585-10438-4 Cコード 3081
刊行年月 2008年2月 判型・製本 A5判・上製 576 頁
キーワード 日本語,軍記,中世

定価:18,150円
(本体 16,500円) ポイント:495pt

数量 :
remove add
書籍の詳細

『延慶本平家物語』の言語をシステムとして機能的に捉え、「和漢融合」という観点から考察。
正確なデータベースにもとづいて日本語の変化の実態を実証的に提示するとともに、その変化の原因を理論的に解明。

 

 

目次
第1部 延慶本の日本語史料的価値
 第1章 延慶本の書誌・成立
 第2章 日本語史料としての延慶本
 第3章 江戸期書写の三本について
 第4章 延慶本の言語年代に関する研究1
 第5章 延慶本の言語年代に関する研究2
第2部 延慶本における和漢融合
 第1章 機能進化としての日本語史
 第2章 表現システムの融合
 第3章 延慶本の文章構造
 第4章 文字表記の交用と機能的効率化
第3部 延慶本の語彙システムと和漢融合
 第1章 延慶本における語彙システムの進化
 第2章 副詞語彙システムの進化
 第3章 程度量副詞のシステム1
 第4章 程度量副詞のシステム2
 第5章 時制副詞のシステム
 第6章 時間副詞のシステム1
 第7章 時間副詞のシステム2
第4部 和漢融合の背景にあるコミュニケーション
 第1章 口頭語における和漢融合
 第2章 敬語行動と敬語表現体系
 第3章 和漢融合の背景にあるコミュニケーション判型:A5

おすすめ

  [詳細]
「本読み」の民俗誌

「本読み」の民俗誌

川島秀一 著
定価:3,850円
(本体 3,500円)
スイス使節団が見た幕末の日本

スイス使節団が見た幕末の日本

横浜市ふるさと歴史財団・ブレンワルド日記研究会 編
定価:10,780円
(本体 9,800円)
文化情報学事典

文化情報学事典

村上征勝 監修/金明哲・小木曽智信・中園聡・矢野桂司・赤間亮・阪田真己子・宝珍輝尚・芳沢光雄・渡辺美智子・足立浩平 編
定価:19,800円
(本体 18,000円)
名将 山本五十六の絶望

名将 山本五十六の絶望

鈴木荘一 著
定価:990円
(本体 900円)
twitter
サイドエリア 総合目録
ショッピングカート