キョウトガクヲタノシム

京都学を楽しむ

古都をめぐる33の講座
知恵の会 編/糸井通浩 代表
ISBN 978-4-585-22005-3 Cコード 0021
刊行年月 2010年7月 判型・製本 四六判・上製 448 頁
キーワード

定価:3,740円
(本体 3,400円) ポイント:102pt

 品切 
書籍の詳細
そうだ、この本持って、京都、行こう。

京野菜、祭り、仏像、観光学、京気質、酒、京菓子…。
京都は伝統的な文化都市でありながら、たえず革新でありつづける。
そこに、京都学の大きな魅力がある。
とっておき、ほんまもんの京都を楽しく知的に案内。

 

 

目次
Ⅰ 自然 
樹木―京の「杉」誌
水辺―『今昔物語集』にみるもうひとつの竜宮譚
山―「みやび」の周縁装置として
池―その異界性を探る
京野菜―漬物文化を中心に
四季―『徒然草』の季節観
Ⅱ 文化 
物語―都語りの生成と展開
祭―京都の祭礼
庭―自然を造る京文化
焼き物―日本文化のカタチ
通り―四条通を北へ南へ、京を歩く
京ことば―『かたこと』の戒め
遊び―百人一首を手がかりに
Ⅲ 信仰 
禊ぎ―清めと再生
御霊―呪詛・怨霊・魔界の都
布教―京都にやってきた一遍
仏教―法然・親鸞の荼毘所と墓所
仏像―誕生と大和・山城へ伝来の道
墓・葬送―天上・大地への願い
社叢―鳥居と狛犬
Ⅳ 学芸 
歌道―京の和歌文化の世界
華道―飾る・供える伝統と革新
茶道―古田織部の生き方
学問―京で学んだ本居宣長・富士谷成章・本居春庭
芝居―「花子」(狂言の女)を求めて
観光学―博覧会を通した、京都の観光振興
Ⅴ 衣食住 
京気質―いわゆる〈ぶぶ漬け〉の真相
酒―醸造の歴史と京都
商い―販女に彩られた京の町
おかず(副食)―京都を食べる・ことばで食べる
織物―〈きもの映画〉の中の京都
家―長明あらましの「方丈の庵」をめぐって
京菓子―銘菓の由来・伝承

おすすめ

  [詳細]
老年こそ創造の時代

老年こそ創造の時代

田中英道 著
定価:1,100円
(本体 1,000円)
文化情報学事典

文化情報学事典

村上征勝 監修/金明哲・小木曽智信・中園聡・矢野桂司・赤間亮・阪田真己子・宝珍輝尚・芳沢光雄・渡辺美智子・足立浩平 編
定価:19,800円
(本体 18,000円)
フーバー大統領が明かす 日米戦争の真実

フーバー大統領が明かす 日米戦争の真実

加瀬英明 編著/藤井厳喜・稲村公望・茂木弘道 共著
定価:880円
(本体 800円)
日本の表装と修理

日本の表装と修理

岩﨑奈緒子・中野慎之・森道彦・横内裕人 編
定価:7,700円
(本体 7,000円)
twitter
サイドエリア 総合目録
ショッピングカート