センゴハサッカタチノビョウセキ

戦後派作家たちの病跡

庄田秀志 著
ISBN 978-4-585-29009-4 Cコード 1095
刊行年月 2011年2月 判型・製本 四六判・上製 416 頁
キーワード

定価:4,180円
(本体 3,800円) ポイント:114pt

数量 :
remove add
書籍の詳細
病みながら創造するものたちの魂の遍歴。

精神分析学、現象学、存在論、脳科学といった思考法により補助線を引くことで、作品という運動体の軌跡が浮き彫りになる。井上光晴、島尾敏雄、三島由紀夫、安部公房―戦後日本の代表的作家たちの〈病める魂〉にメスを入れる。

 

 

目次
一.妄想の自縛性・虚構の自由性―エイドス論的視点から
二.井上光晴論―虚言から虚構の彼岸へ
三.島尾敏雄論―「生きられる空間」を逍遥するシュールレアリスト
四.三島由紀夫論―劇空間の空虚
五.安部公房論―ノスタルジアの消去・永遠の異邦性

おすすめ

  [詳細]
中世神道入門

中世神道入門

伊藤聡・門屋温 監修/新井大祐・鈴木英之・大東敬明・平沢卓也 編
定価:4,180円
(本体 3,800円)
宋代とは何か

宋代とは何か

平田茂樹・山口智哉・小林隆道・梅村尚樹 編
定価:3,520円
(本体 3,200円)
100人の作家で知る ラテンアメリカ文学ガイドブック

100人の作家で知る ラテンアメリカ文学ガイドブック

寺尾隆吉 著
定価:3,080円
(本体 2,800円)
列伝体 妖怪学前史

列伝体 妖怪学前史

伊藤慎吾・氷厘亭氷泉 編
定価:3,080円
(本体 2,800円)
twitter
サイドエリア 総合目録
ショッピングカート