ソウセンノセカイ

宋銭の世界

伊原弘 編
ISBN 978-4-585-03210-6 Cコード 1022
刊行年月 2009年8月 判型・製本 A5判・上製 350 頁
キーワード 中世,東アジア,交流史

定価:4,950円
(本体 4,500円) ポイント:135pt

数量 :
remove add
書籍の詳細

宋銭の流通から、東アジア海域世界を考察。
----------
中国・宋王朝によって鋳造され、日本をはじめアジア諸国へも流通し、通用した「宋銭」。アジア域の経済史に多大な影響を及ぼした国際通貨に着目し、一〇〜一三世紀のアジア交流史を研究。 また、宋銭を軸に宋代社会や、日本の中世期を考察。

 

 

目次
宋代社会と銭―庶民の資産力をめぐって/伊原 弘
国際通貨としての宋銭/井上正夫
宋代貨幣システムの継ぎ目―短陌慣行論/井上泰也
宋代庶民の数学教育/本田精一
筆記小説からみた宋代士人の金銭感覚と経済状態/岡本不二明
江戸時代の古泉家と古泉書―対銭家の誕生/小槌義雄
北宋銭の特徴と周辺諸国の銭/松本裕之
日本中世の銅銭/橋本 雄
戦国期の撰銭/高木久史
鈔から銀へ/大田由紀夫
泉州と貨幣/アンゲラ・ショッテンハンマー
明代の貨幣/フォン・グラン
宋代(10~12世紀)の貨幣における銅と鉄/クリスチャン・ラムルー

おすすめ

  [詳細]
挑発する軍記

挑発する軍記

大津雄一 著
定価:4,180円
(本体 3,800円)
ロマノフ王朝時代の日露交流

ロマノフ王朝時代の日露交流

東洋文庫・生田美智子 監修/牧野元紀 編
定価:4,180円
(本体 3,800円)
江戸庶民のまじない集覧

江戸庶民のまじない集覧

長友千代治 著
定価:6,600円
(本体 6,000円)
日本の表装と修理

日本の表装と修理

岩﨑奈緒子・中野慎之・森道彦・横内裕人 編
定価:7,700円
(本体 7,000円)
twitter
サイドエリア 総合目録
ショッピングカート