ゲンジモノガタリ ウメガエ モミジノガ

源氏物語 梅枝・紅葉賀

甲南女子大学蔵鎌倉時代古写本
米田明美 解説
ISBN 978-4-585-03240-3 Cコード 3091
刊行年月 2010年2月 判型・製本 変形判・上製 270 頁
キーワード 中古,古典

定価:19,800円
(本体 18,000円) ポイント:540pt

数量 :
remove add
書籍の詳細

青表紙本・河内本などの校訂を経ない、独自本文をもつ伝為家筆「梅枝」(鎌倉中期書写)および、青表紙系で、独自異文が見られる伝為相筆「紅葉賀」(鎌倉後期書写)をフルカラー影印。

-------------
今、ここに蘇る『源氏』の鎌倉写本
甲南女子大学所蔵の『源氏物語』写本の存在が、全国各紙に一斉に報じられたのは、いまだ記憶に新しいところだが、その本が、早くも影印本となって出版されると聞く。収めるところの巻は「梅枝」と「紅葉賀」。前者には藤原為家の、後者には冷泉為相の筆に成るとの極札が付されているというが、これは伝称の域を出るものではない。けれど、私の調査しえた経験では、それぞれ鎌倉中期と後期に書写されたものであることだけは動くまい。
平安の写本を一点も残していない『源氏』の伝本状況にあって、この鎌倉写本の存在は貴重である。なぜなら、鎌倉まで遡ると、平安の伝本を直接写している可能性が出てくるからである。
仄聞するところ、米田明美教授の解説には、この二つの写本とも、それぞれに僚巻(もと一具のものとして書写された巻々)の存在なども指摘されているという。今後、当該写本が『源氏』の伝本研究にいかに寄与するか、今から楽しみである。
(関西大学教授 田中 登)

 

 

目次
原寸カラー複製 梅枝
原寸カラー複製 紅葉賀

解説
翻刻並びに校異

おすすめ

  [詳細]
ラジオの技術・産業の百年史

ラジオの技術・産業の百年史

岡部匡伸 著
定価:5,940円
(本体 5,400円)
変化する社会とともに歩む学校図書館

変化する社会とともに歩む学校図書館

野口武悟 著
定価:2,420円
(本体 2,200円)
大宅壮一文庫解体新書

大宅壮一文庫解体新書

阪本博志 編
定価:3,850円
(本体 3,500円)
日本の図書館建築

日本の図書館建築

五十嵐太郎・李明喜 編
定価:3,850円
(本体 3,500円)
twitter
サイドエリア 総合目録
ショッピングカート