人と水3
ミズトブンカ

水と文化

秋道智彌・小松和彦・中村康夫 編
ISBN 978-4-585-03257-1 Cコード 1030
刊行年月 2010年2月 判型・製本 四六判・上製 368 頁
キーワード

定価:3,300円
(本体 3,000円) ポイント:90pt

 品切 
書籍の詳細

多彩な領域を統合する「統合的な知」の構築。
「水」と人の関わりをテーマに、自然のみならず、文化、社会、思想、文学、美術にまで視野を広げ、学際的な達成を世に問う。
縦横無尽にそしてしなやかに、読む人の思考をワープさせる複合的な知の構造体。

 

 

目次
総 論 水をめぐる文化誌へ向けての試み小松和彦

第1部 水と芸術
第一章 水の美学―東西の水風景を比較する白幡 洋三郎
第二章 対岸の和歌浦と水景―『紀伊国名所図会』より江戸英雄
第三章 人の生命の起源と水の問題―芸術との関わりの向こう側中村康夫
第四章 「水」と「瑞」相田 満

第2部 水と聖性
第五章 九頭龍信仰論素描―戸隠山と箱根の事例を中心に小松和彦
第六章 「聖なる水」の現在―東南アジア大陸部山地社会における水と居住空間の位相清水郁郎
第七章 塩なめ沢の精霊―平地に移住したラオス山地民族の水との付き合い方西本 太

第3部 水と文化
第八章 クメール文明の人と水安田喜憲・宮塚義人
第九章 洪水と生きる秋道智彌
第十章 水の器―循環する水と生活文化久保正敏
第十一章 標註隅田川両岸一覧井田太郎

おすすめ

  [詳細]
日本の図書館建築

日本の図書館建築

五十嵐太郎・李明喜 編
定価:3,850円
(本体 3,500円)
変化する社会とともに歩む学校図書館

変化する社会とともに歩む学校図書館

野口武悟 著
定価:2,420円
(本体 2,200円)
大宅壮一文庫解体新書

大宅壮一文庫解体新書

阪本博志 編
定価:3,850円
(本体 3,500円)
江戸川乱歩大事典

江戸川乱歩大事典

落合教幸・阪本博志・藤井淑禎・渡辺憲司 編
定価:13,200円
(本体 12,000円)
twitter
サイドエリア 総合目録
ショッピングカート