ショウワテンノウノマナバレタキョウイクチョクゴ

昭和天皇の学ばれた教育勅語

杉浦重剛 著/所功 解説
ISBN 978-4-585-05360-6 Cコード
刊行年月 2006年3月 判型・製本 新書判・並製 216 頁
キーワード

定価:1,100円
(本体 1,000円) ポイント:30pt

数量 :
remove add


アマゾン(2018/10/5)付
教育史部門ランキング1位
書籍の詳細

いつまでも心の糧としたい日本人に「たいせつなこと」

近代日本の目覚しい発展は、明治天皇の御聖徳によるところが、きわめて大きい。
本書は、その明治大帝が渙発され、みずから率先垂範に努められた「教育勅語」を
満十三歳の少年皇太子のために杉浦重剛翁がわかりやすく説いた御進講の記録全文。

「類い稀な二十世紀の名君」昭和天皇の道徳心を培ったテキストの読みやすい普及版!

 

 

目次
「教育勅語」原文
「教育勅語」全文
「教育勅語」に学ぶ「たいせつなこと」
「教育勅語」御進講/杉浦重剛
第一回(朕〜徳)
第二回(忠・考)
第三回(国体)
第四回(孝道・孝行)
第五回(友愛・夫婦)
第六回(友情)
第七回(恭倹)
第八回(博愛)
第九回(修学〜徳器)
第十回(公益〜国法)
第十一回(義勇〜一徳)
補注
〔解説〕杉浦重剛と「教育勅語」の御進講/所功
人名索引
書評・関連書等

★広告情報
・「読売新聞」(2018年12月19日)にサンヤツ広告を掲載しました。
・「産経新聞」(2018年12月21日)に5段1/2広告を掲載しました。
・「産経新聞」(2019年1月1日)にサンヤツ広告を掲載しました。
・「朝日新聞」(2019年1月3日)にサンヤツ広告を掲載しました。
・「京都新聞」(2019年1月4日)にサンヤツ広告を掲載しました。
・「産経新聞」(2019年3月28日)に5段1/2広告を掲載しました。

おすすめ

  [詳細]
司書のお仕事2

司書のお仕事2

大橋崇行 著/小曽川真貴 監修
定価:1,980円
(本体 1,800円)
日本神話と同化ユダヤ人

日本神話と同化ユダヤ人

田中英道 著
定価:3,850円
(本体 3,500円)
鷹狩の日本史

鷹狩の日本史

福田千鶴・武井弘一 編
定価:4,180円
(本体 3,800円)
中近世移行期の文化と古活字版

中近世移行期の文化と古活字版

高木浩明 著
定価:16,500円
(本体 15,000円)
twitter
サイドエリア 総合目録
ショッピングカート