アタラシイナショナリズムノジダイガヤッテキタ

新しいナショナリズムの時代がやってきた!

加瀬英明/ケント・ギルバート 著
ISBN 978-4-585-23082-3 Cコード 0031
刊行年月 2020年7月 判型・製本 新書判・並製 192 頁
キーワード 現代社会,社会学

定価:1,100円
(本体 1,000円) ポイント:30pt

数量 :
remove add
書籍の詳細
パンデミックは危険なグローバリズムを否定する!
国家の体制も社会も、世界情勢も激変する変化に備えよう

第二次大戦後の世界に最大の恐怖をもたらした、新型コロナウィルス。
まだ出口が見えないが、終息した後に世界のありかたは、大きく変わっていよう。
「国際人」「地球市民」「多文化」「多国籍」といった言葉が、人や企業のあるべき姿としてもて囃はやされてきた。しかし、世界は、これまでの「グローバリズム」を夢見る時代から、より現実的な「国益ファースト」の時代へと向かう。
コロナ以降の世界はどうなるか?
そしてそうした世界激変の時代に、日本はどう対処すべきか?
アメリカと日本の、そして共産中国と対峙する「コロナ以降」の世界について、本質的な議論を展開する。

 

 

目次
はじめに ケント・ギルバート
第一章 コロナ禍で米大統領選はどうなる
第二章 世の中を狂わせた媚中の左翼・民主党
第三章 世界に禍をもたらした習近平の共産中国
第四章 グローバリズムか国益か―激変する世界観
第五章 国家に権力を与えない日本国憲法
第六章 コロナ以降の世界はどうなる?
おわりに 加瀬英明
プロフィール

ケント・ギルバート
1952年、アメリカ合衆国アイダホ州に生まれる。カリフォルニア州弁護士、経営学修士(MBA)、法務博士(ジュリスドクター)。1970年、ブリガムヤング大学に入学。翌1971年に宣教師として初来日。その後、国際法律事務所に就職し、企業への法律コンサルタントとして再来日。弁護士業と並行してテレビに出演。2015年、アパ日本再興財団による『第8回「真の近現代史観」懸賞論文』の最優秀藤誠志賞を受賞。

加瀬英明(かせ・ひであき)
1936年東京生まれ。外交評論家。慶應義塾大学、エール大学、コロンビア大学に学ぶ。「ブリタニカ国際大百科事典」初代編集長。1977年より福田・中曽根内閣で首相特別顧問を務めたほか、日本ペンクラブ理事、松下政経塾相談役などを歴任。
著書に『昭和天皇の戦い』(勉誠出版)、『イギリス 衰亡しない伝統国家』(講談社)、『徳の国富論』(自由社)など。現在『加瀬英明著作選集』(勉誠出版)を刊行中。

関連商品

おすすめ

  [詳細]
増補改訂新版 日本中世史入門

増補改訂新版 日本中世史入門

秋山哲雄・田中大喜・野口華世 編
定価:4,180円
(本体 3,800円)
古文書への招待

古文書への招待

日本古文書学会 編
定価:3,300円
(本体 3,000円)
100人の作家で知る ラテンアメリカ文学ガイドブック

100人の作家で知る ラテンアメリカ文学ガイドブック

寺尾隆吉 著
定価:3,080円
(本体 2,800円)
土地の記憶から読み解く早稲田

土地の記憶から読み解く早稲田

ローザ・カーロリ 著/大内紀彦、フィリッポ・ドルネッティ 訳
定価:2,970円
(本体 2,700円)
twitter
サイドエリア 総合目録
ショッピングカート