チュウゴクガントノサイシュウセンソウ

中国癌との最終戦争

人類の未来を賭けた一戦
林建良 著
ISBN 978-4-585-23083-0 Cコード 0031
刊行年月 2020年10月 判型・製本 四六判・並製 240 頁
キーワード 現代社会,社会学

定価:1,650円
(本体 1,500円) ポイント:45pt

数量 :
remove add
書籍の詳細
侵されるか、戦うか、 迫られる日本の選択

病状把握が先決だが、既に生死を賭けた不可避の世界超限戦は火ぶたを切った…。
世界転移を阻止し、14億人を救う方途を探る。

 

 

目次
第一章 中国という名のガン細胞
第一節 アポトーシスという自己犠牲の欠如
第二節 癌細胞の欲望は無限大
第三節 際限なく膨張する癌細胞
第四節 生体を食い尽くしモザイク現象が現れる

第二章 中国癌が生み出した世紀のウイルス
第一節 ウイルス犯は蝙蝠なのか
第二節 生物兵器の専門家が出動した裏事情
第三節 武漢ウイルス研究所の実態
第四節 ワクチン開発の原動力は「貪欲と恐怖と無知」
第五節 習近平の「戦略的機遇」という表現の意味

第三章 世界中に転移する中国癌
第一節 先進国への脳内転移を実現した深謀遠慮
第二節 他国の中枢を操る賄賂とハニートラップ
第三節 深刻な事態にようやく気付いたアメリカ
第四節 レイFBI長官とバー司法長官の警鐘

第四章 必ず破滅する癌の宿命
第一節 体制内部に敵を作る習近平
第二節 米中貿易は誠実vs欺瞞の戦い
第三節 米中対決の最終局面はどうなるか・中国共産党が崩壊するまで手を緩めないアメリカ

第五章 選択を迫られる日本
第一節 戦後日本人の独立心の欠如
第二節 期待されている日本の役割
第三節 日本と台湾=兄弟国の再認識
第四節 間違わなければアジアの世紀はそこにある
あとがき
プロフィール

林建良(りん・けんりょう)
台湾に生まれる。台湾正名運動の発案者。在日台湾同郷会顧問、メールマガジン「台湾の声」編集長、台湾独立建国連盟日本本部国際部長、日本李登輝友の会常務理事。また2007年「林一洋医師記念賞」、2017年「二等華光専業奨章」を受賞。医師としての仕事のかたわら、台湾正名運動と台湾建国運動を展開。

おすすめ

  [詳細]
ロマノフ王朝時代の日露交流

ロマノフ王朝時代の日露交流

東洋文庫・生田美智子 監修/牧野元紀 編
定価:4,180円
(本体 3,800円)
日本の表装と修理

日本の表装と修理

岩﨑奈緒子・中野慎之・森道彦・横内裕人 編
定価:7,700円
(本体 7,000円)
100人の作家で知る ラテンアメリカ文学ガイドブック

100人の作家で知る ラテンアメリカ文学ガイドブック

寺尾隆吉 著
定価:3,080円
(本体 2,800円)
江戸庶民のまじない集覧

江戸庶民のまじない集覧

長友千代治 著
定価:6,600円
(本体 6,000円)
twitter
サイドエリア 総合目録
ショッピングカート