カルナトアルジュナ

カルナとアルジュナ

『マハーバーラタ』の英雄譚を読む
川尻道哉 著
ISBN 978-4-585-31011-2 Cコード 0014
刊行年月 2022年8月 判型・製本 四六判・並製 264 頁
キーワード 文化史,民俗学,説話,古代

定価:2,640円
(本体 2,400円) ポイント:72pt

数量 :
remove add
書籍の詳細
英雄たちは、なぜ闘うのか―

インド最大級の物語である『マハーバーラタ』。その最大のクライマックスであるカルナとアルジュナの戦いを、初の原典訳!
闘いに至るまでのカルナとアルジュナの出自や来歴、2人をめぐる確執もわかりやすく解説。
なぜ彼らは闘うのか? そしてその後の運命とは?
全体のあらすじ、その背景にあるインドの宗教思想などもわかる必携の一冊!

カバーイラスト:江川あきら

 

 

目次
はじめに

第1章 『マハーバーラタ』とはなにか
1 『マハーバーラタ』の成立と背景
2 『マハーバーラタ』の物語構造

第2章 『マハーバーラタ』に至るまでのインド思想
1 ヴェーダの信仰
2 ウパニシャッドの思想
3 バラモン教からヒンドゥー教へ
結語

第3章 『マハーバーラタ』の物語
第1巻 「最初の巻」
第2巻 「集会の巻」
第3巻 「森林の巻」
第4巻 「ヴィラータの巻」
第5巻 「努力の巻」
第6巻 「ビーシュマの巻」
第7巻 「ドローナの巻」
第8巻 「カルナの巻」
第9巻 「シャルヤの巻」
第10巻 「眠る戦士の殺戮の巻」
第11巻 「女性の巻」
第12巻 「寂静の巻」/第13巻 「教説の巻」
第14巻 「馬祀の巻」
第15巻 「隠棲の巻」
第16巻 「棍棒合戦の巻」
第17巻 「偉大なる旅立ちの巻」
第18巻 「天界の巻」

第4章 アルジュナとカルナ
1 アルジュナ
2 カルナ
3 「誓い」について
結語


第5章 『マハーバーラタ』第8巻 「カルナの巻」
1 第8巻「カルナの巻」第49章第24詩節まで
2 第8巻第49章以降の和訳
結語

あとがき
参考文献
プロフィール

川尻道哉(かわじり・みちや)
1967年生まれ。東京大学大学院博士課程満期退学。東海大学文化社会学部准教授。
専門はサンスクリットの文法学、言語理論、言語哲学。
監修に天竺奇譚著『いちばんわかりやすいインド神話』(実業之日本社、2019年)などがある。

関連商品

この商品をお求めのお客様はこんな商品もお求めです。

おすすめ

  [詳細]
中国史書入門 現代語訳 北斉書

中国史書入門 現代語訳 北斉書

氣賀澤保規 監修/池田恭哉・岡部毅史・梶山智史・倉本尚徳・田熊敬之 訳
定価:6,600円
(本体 6,000円)
中世神道入門

中世神道入門

伊藤聡・門屋温 監修/新井大祐・鈴木英之・大東敬明・平沢卓也 編
定価:4,180円
(本体 3,800円)
列伝体 妖怪学前史

列伝体 妖怪学前史

伊藤慎吾・氷厘亭氷泉 編
定価:3,080円
(本体 2,800円)
100人の作家で知る ラテンアメリカ文学ガイドブック

100人の作家で知る ラテンアメリカ文学ガイドブック

寺尾隆吉 著
定価:3,080円
(本体 2,800円)
twitter
サイドエリア 総合目録
ショッピングカート