ウエスギボンラクチュウラクガイズビョウブノケンキュウ

上杉本洛中洛外図屏風の研究

桑実寺縁起絵巻と共に
小谷量子 著
ISBN 978-4-585-32020-3 Cコード 3021
刊行年月 2022年9月 判型・製本 A5判・上製 424 頁
キーワード 美術,日本史,戦国時代,室町,中世

定価:9,900円
(本体 9,000円) ポイント:270pt

数量 :
remove add
書籍の詳細
数奇な運命を辿った二作品に込められた、将軍義晴・慶寿院のメッセージを読み解く

中世以前の絵画には文学を描くことが原則であり、鑑賞とはそこに描かれた歌・物語を読み解くものであった。
国宝『上杉本洛中洛外図屏風』と重要文化財『桑実寺縁起絵巻』に描かれた文学を丹念に読み解くことによって、主題・制作目的・注文者を解明し、両作品の注文者・鑑賞者である12代将軍正室慶寿院(近衛尚通娘、義輝・義昭母)の生涯を明らかにする。

 

 

目次
口絵
はじめに

序論 本書の目的と研究史

第一部 上杉本洛中洛外図屏風
第一章 上杉本洛中洛外図屏風に描かれた将軍の行列
 はじめに
 第一節  将軍邸横の行列
 第二節  行列の年代比定
 第三節  将軍の行列不明点
 第四節 「穴太記」を描く歌絵
 おわりに
第二章 上杉本洛中洛外図屏風の主題と制作目的
 はじめに
 第一節  上杉本に描かれた「穴太記」
 第二節  上杉本の主題と注文者
 第三節  制作目的と伝来
 おわりに
第三章 「穴太記」の成立と広まり
 はじめに
 第一節 「万松院贈左府をいためる辞」諸本について
 第二節 「穴太記」の成立年代
 第三節  記述内容の信憑性と作者
 第四節  上杉本との関係
 おわりに
第四章 浄瑠璃「祇園祭礼信仰記」と洛中洛外図屏風
 はじめに
 第一節「祇園祭礼信仰記」について
 第二節「祇園祭礼信仰記」と洛中洛外図屏風の一致点
 第三節 浄瑠璃作者と洛中洛外図の接点
 おわりに

第二部 桑実寺縁起絵巻
第一章『桑実寺縁起絵巻』主題と制作目的
 はじめに
 第一節 『桑実寺縁起絵巻』制作時の政治状況
 第二節 『桑実寺縁起絵巻』内容について
 第三節 『桑実寺縁起絵巻』構成・主題と制作目的
 おわりに
第二章『桑実寺縁起絵巻』と慶寿院の結婚
 はじめに
 第一節 『桑実寺縁起絵巻』制作の経緯
 第二節 三条西実隆への依頼内容
 第三節 近衛尚通の動向
 第四節 結婚の問題点
 第五節 絵巻と結婚の関連
 第六節 絵巻鑑賞と公家
 おわりに

第三部 十二代将軍足利義晴御台 慶寿院
第一章 慶寿院の生涯
 はじめに
 第一節 近衛家息女時代
 第二節 義晴御台時代
 第三節 義輝母時代
 第四節 遊覧・ゆかりの場所
 おわりに
第二章 慶寿院の活動
 はじめに
 第一節 御台御料所
 第二節 御台としての活動
 第三節 将軍母としての活動
 おわりに

補 論 山本聡美氏・浜口誠至氏「書評 拙著『歴博甲本洛中洛外図屛風の研究』」について
 山本聡美氏書評について
 浜口誠至氏書評について

結 論 『上杉本』・『桑実寺縁起絵巻』と慶寿院
 本書のまとめ
 結論

初出一覧
図版出典一覧
あとがき
索引
プロフィール

小谷量子(こたに・りょうこ)
早稲田大学教育学部卒業、公立中学校教員、京都芸術大学大学院芸術研究科修士課程(通信教育)修了、日本女子大学大学院文学研究科史学専攻博士課程後期修了、博士(文学)。
現在、日本女子大学文学部史学科学術研究員、東京家政大学非常勤講師。
主要論著に、『歴博甲本洛中洛外図屏風の研究』(勉誠出版、2020年)。『中世寺院の仏法と社会』(共著、勉誠出版、2021年)。『雑司ヶ谷鬼子母神堂開堂三百五十年・重要文化財指定記念 雑司ヶ谷鬼子母神堂』(共著、勉誠出版、2016年)など。

関連商品

おすすめ

  [詳細]
中国史書入門 現代語訳 北斉書

中国史書入門 現代語訳 北斉書

氣賀澤保規 監修/池田恭哉・岡部毅史・梶山智史・倉本尚徳・田熊敬之 訳
定価:6,600円
(本体 6,000円)
伝達と変容の日本建築史

伝達と変容の日本建築史

野村俊一 編
定価:3,850円
(本体 3,500円)
日本中世の課税制度

日本中世の課税制度

志賀節子・三枝暁子 編
定価:3,080円
(本体 2,800円)
100人の作家で知る ラテンアメリカ文学ガイドブック

100人の作家で知る ラテンアメリカ文学ガイドブック

寺尾隆吉 著
定価:3,080円
(本体 2,800円)
twitter
サイドエリア 総合目録
ショッピングカート