ジエンホッケヨウブンヒャクシュゼンシャク

慈円『法華要文百首』全釈

石川一 編
ISBN 978-4-585-39016-9 Cコード 3095
刊行年月 2022年11月 判型・製本 A5判・上製 240 頁
キーワード 日本語,和歌,鎌倉

定価:9,900円
(本体 9,000円) ポイント:270pt

数量 :
remove add
書籍の詳細

複雑な本文構成を有していることから、これまでに全釈はおろか校注すら無かった慈円「法華要文百首」。
『拾玉集』校異・注記などの内部徴証を手掛かりに、草稿本から「第一次清書本」を経て、一題一首形態の最終「清書本」までの推敲・彫琢の段階を辿ることにより、慈円の詠歌方法を解明する。

※慈円(1155~1225)
鎌倉初期の天台宗の僧。関白藤原忠通の子。九条兼実の弟。諡は慈鎮。四度、天台座主となり、歌人としても名をなした。著作に「愚管抄」、家集に「拾玉集」など。

 

 

目次
緒言
目次
Ⅰ 慈円『法華要文百首』全釈
Ⅱ 宮内庁書陵部蔵『法華要文百首和哥』校注
Ⅲ 解説
Ⅳ 結語
初句索引
あとがき
執筆者紹介
プロフィール

石川一(いしかわ・はじめ)
県立広島大学人間科学部教授・奈良大学文学部を経て、県立広島大学名誉教授。専門は中世和歌。
著書に『七巻本拾玉集(架蔵本)翻刻』(共著、渓水社、1993年)、『慈円和歌論考』(笠間書院、1998年)、『拾玉集本文整定稿』(勉誠社、1999年)、『(旧多度津藩家老)林家所蔵文化財図録』(単編著、ぺりかん社、2003年)、『拾玉集(上・下)』和歌文学大系(共著、明治書院、2011年)、『後京極殿御自歌合・慈鎮和尚自歌合全注釈』(共著、勉誠出版、2011年)、『慈円法楽和歌論考』(勉誠出版、2015年)、『御裳濯和歌集全注釈並びに資料と研究』(勉誠出版、2019年)、『仙洞句題五十首・水無瀬殿恋十五首歌合全注釈』(共著、勉誠出版、2020年)などがある。

おすすめ

  [詳細]
知識インフラの再設計

知識インフラの再設計

数藤雅彦 責任編集
定価:3,520円
(本体 3,200円)
公文書管理法時代の自治体と文書管理

公文書管理法時代の自治体と文書管理

宮間純一 編
定価:6,600円
(本体 6,000円)
村と民衆の戦国時代史

村と民衆の戦国時代史

稲葉継陽・清水克行 編
定価:3,300円
(本体 3,000円)
日本の表装と修理

日本の表装と修理

岩﨑奈緒子・中野慎之・森道彦・横内裕人 編
定価:7,700円
(本体 7,000円)
twitter
サイドエリア 総合目録
ショッピングカート