アジア遊学226
ケンチクノキンダイブンガクシ

建築の近代文学誌

外地と内地の西洋表象
日高佳紀・西川貴子 編
ISBN 978-4-585-22692-5 Cコード 1395
刊行年月 2018年11月 判型・製本 A5判・並製 224 頁
キーワード 建築,中国,近代

定価:3,080円
(本体 2,800円) ポイント:84pt

数量 :
remove add
書籍の詳細
建築から読むモダン日本の文学

モダニズム期の日本文学は、いかなる装置を用いて「近代」と対峙しようとしたのか─?
明治期以降にあらわれた西洋建築に注目し、外地と内地を舞台とした日本語テクストを分析することで、文学に描かれた「西洋」「近代」の内実が浮かび上がる。本書は、建築表象と同時代の都市および周辺事象との関連性をもとに、「日本」や「アジア」をめぐる眼差しの構図を素描する試みである。

 

 

目次
はじめに 日高佳紀・西川貴子

Ⅰ モダン都市の建築表象
美しい「光」が差し込む場所―佐藤春夫「美しき町」をめぐって 疋田雅昭
堀辰雄『美しい村』の建築―軽井沢の記憶と変容 笹尾佳代
伊藤整「幽鬼の街」における植民地主義の構造 スティーブン・ドッド
幻影の都市―谷崎潤一郎「肉塊」における建築表象と横浜 日高佳紀

◎日本近代建築小史◎ 高木彬

Ⅱ 外地における建築表象
〈中国的支那〉と〈西洋的支那〉のはざまで―武田泰淳「月光都市」にみる上海と建築 木田隆文
『亞』と大連―安西冬衛の紙上建築 高木彬
殖民地の喫茶店で何を〈語れる〉か―日本統治期台湾の都市と若者 和泉司
虚構都市〈哈爾賓〉の〈混沌〉―夢野久作「氷の涯」における建築表象 西川貴子

◎文学の建築空間◎ 笹尾佳代・高木彬・西川貴子・日高佳紀
オフィスビル/百貨店/銀行/アパートメント/劇場/美術館/ホテル/病院/工場/駅/橋/監獄
プロフィール

日高佳紀(ひだか・よしき)
奈良教育大学教育学部教授。専門は日本近代文学。
主な著書に『谷崎潤一郎のディスクール―近代読者への接近』(双文社出版、2015年)、『谷崎潤一郎読本』(共編著、翰林書房、2016年)などがある。

西川貴子(にしかわ・あつこ)
同志社大学文学部教授。専門は日本近代文学。
主な論文に「「嘘」か「実」か―『文芸春秋』懸賞実話と橘外男「酒場ルーレット紛擾記」」(『日本文学』2013年11月)、「〈言〉をめぐる物語―幸田露伴「平将門」論」(『藝文研究』2015年12月)、「新聞小説「更生記」の世界―絵と文の協奏」(『同志社国文学』2016年3月)などがある。

その他

★広告情報
「朝日新聞」(2018年11月17日)に全5段広告を掲載しました。

関連商品

おすすめ

  [詳細]
成功していた日本の原爆実験

成功していた日本の原爆実験

ロバート・ウィルコックス 著/矢野義昭 訳
定価:4,950円
(本体 4,500円)
誰も語らなかった フェルメールと日本

誰も語らなかった フェルメールと日本

田中英道 著
定価:1,650円
(本体 1,500円)
犬からみた人類史

犬からみた人類史

大石高典・近藤祉秋・池田光穂 編
定価:4,180円
(本体 3,800円)
少年写真家の見た明治日本

少年写真家の見た明治日本

宮田奈奈/ペーター・パンツァー 編
定価:7,150円
(本体 6,500円)
twitter
サイドエリア 総合目録
ショッピングカート