アジア遊学243
チュウオウアジアノレキシトゲンザイ

中央アジアの歴史と現在

草原の叡智
松原正毅 編
ISBN 978-4-585-22709-0 Cコード 1322
刊行年月 2020年3月 判型・製本 A5判・並製 192 頁
キーワード 交流史,民俗学,アジア,世界史,考古

定価:2,640円
(本体 2,400円) ポイント:72pt

数量 :
remove add
書籍の詳細

中央アジアは人類の歴史のなかでも、特に重要な舞台であり続けた地である。
この地の遊牧民はスキタイと匈奴から始まり、突厥とモンゴル、そして満洲人に至るまで、西へ、東へと移動していくなかで、王朝交替を促す内燃機の役わりを果たし続けてきた。
近代に入ってからはヨーロッパや日本の探検家たちが中央アジアに入り、西方ヨーロッパと中国との関係を想像しながら、この地を「シルクロード」などと呼んだ。
20世紀後半、特にソ連邦の崩壊と中国の改革開放政策の実施により、新疆ウイグル自治区・カザフスタン・モンゴル国・ロシア連邦等での現地調査が可能となった結果、日本の研究者たちは世界のどこの学者よりも先駆けて歴史の現場に立ち、聞き書きをし、考古学的発掘を進め、そして希少文献を渉猟し、蒐集した。
本書はそうした学術研究の成果の一端を市民社会に分かりやすい形で発信する。

 

 

目次
まえがき アルタイ・天山からモンゴルへ◉松原正毅
総論 シルクロードと一帯一路◉松原正毅
中央ユーラシア史の私的構想―文献と現地で得たものから◉堀直
中央アジアにおける土着信仰の復権と大国の思惑―考古学の視点から◉林俊雄
聖者の執り成し―何故ティムールは聖者の足許に葬られたのか◉濱田正美
オドセルとナワーンの事件(一八七七年)から見る清代のモンゴル人社会◉萩原守
ガルダン・ボショクト・ハーンの夢の跡―英雄の歴史に仮託する人びと◉小長谷有紀
描かれた神、呪われた復活◉楊海英
あとがき◉小長谷有紀
プロフィール

松原正毅(まつばら・まさたけ)
国立民族学博物館名誉教授、総合研究大学院大学名誉教授。専門は社会人類学。
主な著書に『遊牧の世界―トルコ系遊牧民ユルックの民族誌から 上・下』(中公新書、1983)、『世界民族問題事典』(共編、平凡社、1995)、『カザフ遊牧民の移動――アルタイ山脈からトルコへ 1934-1953』(平凡社、2011)などがある。

関連商品

この商品をお求めのお客様はこんな商品もお求めです。

おすすめ

  [詳細]
ビジュアル資料でたどる 文豪たちの東京

ビジュアル資料でたどる 文豪たちの東京

日本近代文学館 編
定価:3,080円
(本体 2,800円)
陸軍中将 樋口季一郎の遺訓

陸軍中将 樋口季一郎の遺訓

樋口隆一 編著
定価:4,950円
(本体 4,500円)
荒れ野の六十年

荒れ野の六十年

與那覇潤 著
定価:3,520円
(本体 3,200円)
この本を書いたのは誰だ?

この本を書いたのは誰だ?

村上征勝 著
定価:1,980円
(本体 1,800円)
twitter
サイドエリア 総合目録
ショッピングカート