アジア遊学71
アジアノカイ

アジアの怪

志村有弘 編
ISBN 978-4-585-10322-6 Cコード 1020
刊行年月 2005年1月 判型・製本 A5判・並製 218 頁
キーワード

定価:1,980円
(本体 1,800円) ポイント:54pt

 品切 
目次
◆序言
大地・山川・ジャングル・海から沸き立つものたち/久米晶文


天狗伝説/田中徳定
鬼伝説/石黒吉次郎
山姥/豊嶋泰國
狐の怪/井黒佳穂子
鬼のことわざ・鬼のつく言葉/川村治夫
鬼の年中行事/豊嶋泰國

◆中国篇
捜神記』の怪奇―日本の説話との関係から/都丸敦生
山海経』の怪異/松田 稔
西遊記』の妖怪/川村治夫
聊斎志異』の無気味な十三の話/三津田信三
小説家が好きな『聊斎志異』/野寄 勉
剪灯新話と牡丹灯籠/青山克彌

◆日本篇
日本霊異記』の怪奇/河野貴美子
今昔物語集』の怪奇/稲垣泰一
呪言と物神―皿屋敷のバリアントとその主題/久米晶文
巷説」という恐怖―『四谷怪談』と泉鏡花『日本橋』/眞有澄香

◆『インドお化け談義』
―インドには本当にお化けがいるのか、いないのか/武藤友治
韓国の「怪」/野崎充彦

この商品をお求めのお客様はこんな商品もお求めです。

おすすめ

  [詳細]
陸軍中将 樋口季一郎の遺訓

陸軍中将 樋口季一郎の遺訓

樋口隆一 編著
定価:4,950円
(本体 4,500円)
この本を書いたのは誰だ?

この本を書いたのは誰だ?

村上征勝 著
定価:1,980円
(本体 1,800円)
ビジュアル資料でたどる 文豪たちの東京

ビジュアル資料でたどる 文豪たちの東京

日本近代文学館 編
定価:3,080円
(本体 2,800円)
荒れ野の六十年

荒れ野の六十年

與那覇潤 著
定価:3,520円
(本体 3,200円)
twitter
サイドエリア 総合目録
ショッピングカート