書物学13
ショモツガク ダイジュウサンカン ガクモンノイエノショモツトデンジュ

書物学 第13巻 学問の家の書物と伝授

清原家の営為を探る
編集部 編
ISBN 978-4-585-20713-9 Cコード 1000
刊行年月 2018年8月 判型・製本 B5判・並製 96 頁
キーワード アーカイブズ,博物館,図書館,出版,文化史,近世,中世

定価:1,650円
(本体 1,500円) ポイント:45pt

数量 :
remove add
書籍の詳細
蔵書から辿る知の営為

平安中期以降急速に台頭し、数多くの儒者が輩出した家として名高い清原家。その蔵書は、累代の学問の家の営為を今に伝えるものである。
儒教経典の考究に関する経書のみならず、幼学書や兵書、御成敗式目等、幅広い典籍が描き出す知の沃野を多数のカラー図版とともに紹介する。

 

 

目次
特集 学問の家の書物と伝授―清原家の営為を探る
清原家の蔵書から見えるもの 佐藤道生
『御成敗式目』と清原家 山田尚子

小特集 江戸初期の学問と出版
高野版への眼差し―伝領・書き入れ・古活字版 海野圭介
近世初期の禅籍を散策する ディディエ・ダバン

本を楽しむ
地図を読む ナタリア・ペトロフスカイヤ
思想との交信―漱石文学のありか・下 野網摩利子

連載 書物学こと始め
西洋古書の遠近法 雪嶋宏一
英国愛書家の系譜 髙宮利行
書物の声を聞く 書誌学入門 佐々木孝浩
江戸時代の古文書の読み方 白川部達夫
書籍文化史料片々 鈴木俊幸
書評・関連書等

★広告情報
・「朝日新聞」(2018年10月6日)に全5段広告を掲載しました。
・「朝日新聞」(2018年11月17日)に全5段広告を掲載しました。

おすすめ

  [詳細]
土地の記憶から読み解く早稲田

土地の記憶から読み解く早稲田

ローザ・カーロリ 著/大内紀彦、フィリッポ・ドルネッティ 訳
定価:2,970円
(本体 2,700円)
元朝の歴史

元朝の歴史

櫻井智美・飯山知保・森田憲司・渡辺健哉 編
定価:3,520円
(本体 3,200円)
古文書への招待

古文書への招待

日本古文書学会 編
定価:3,300円
(本体 3,000円)
増補改訂新版 日本中世史入門

増補改訂新版 日本中世史入門

秋山哲雄・田中大喜・野口華世 編
定価:4,180円
(本体 3,800円)
twitter
サイドエリア 総合目録
ショッピングカート