タカマガハラハカントウニアッタ オンデマンドバン

高天原は関東にあった(オンデマンド版)

日本神話と考古学を再考する
田中英道 著
ISBN 978-4-585-92183-7 Cコード 1021
刊行年月 2018年8月 判型・製本 A5判・並製 272 頁
キーワード 古代

定価:3,080円
(本体 2,800円) ポイント:84pt

数量 :
remove add

*本書のご購入をご希望の方へ
品切表示が出ております場合、お手数ではございますが、「info@bensei.jp」宛までご連絡ください。


書籍の詳細
日本古代史の常識を覆す衝撃の一冊!!

土偶の造形は「水蛭子」がモデルとなっている!
鹿島・香取神宮の存在が、日高見国の位置を明らかにしている!
邪馬台国・卑弥呼は実在しなかった!
古代の文献と考古学的を読み解けば、新たな古代史が見えてくる。

*『高天原は関東にあった』(ISBN: 978-4-585-22183-8)(2017年7月刊行)のオンデマンド版となります。

 

 

目次
第1章 縄文土偶は異形人形である
第2章 神道は形象で表現される
第3章 「国譲り神話」と出雲の銅剣、銅矛、銅鐸
第4章 高天原は関東にあった―鹿島神宮と武御雷神の研究
第5章 「高天原」は「日高見国」であった―縄文・弥生時代=天津神、古墳時代=国津神の時代
第6章 「日高見国」から「大和国」へ―縄文・弥生時代の新しい歴史観
第7章 なぜ「卑弥呼」神社はないのか―日本のどこにも存在しなかった「邪馬台国」
プロフィール

田中 英道(たなか・ひでみち)
1942年生まれ。美術史家。東北大学名誉教授。
主な著書に『歴史のかたち 日本の美―論争・日本文化史』(徳間書店、2001年)、『日本美術 傑作の見方・感じ方』(PHP新書、2004年)、『日本と西洋の対話 一文化史家のたたかい』(講談社出版サービスセンター、2010年)、『日本の文化 本当は何がすごいのか』(育鵬社、2013年)、『芸術国家 日本のかがやき』全3巻(勉誠出版、2017年)などがある。

書評・関連書等

★広告情報
・「朝日新聞」(2018年10月6日)に全5段広告を掲載しました。

おすすめ

  [詳細]
伝達と変容の日本建築史

伝達と変容の日本建築史

野村俊一 編
定価:3,850円
(本体 3,500円)
中国史書入門 現代語訳 北斉書

中国史書入門 現代語訳 北斉書

氣賀澤保規 監修/池田恭哉・岡部毅史・梶山智史・倉本尚徳・田熊敬之 訳
定価:6,600円
(本体 6,000円)
100人の作家で知る ラテンアメリカ文学ガイドブック

100人の作家で知る ラテンアメリカ文学ガイドブック

寺尾隆吉 著
定価:3,080円
(本体 2,800円)
中世神道入門

中世神道入門

伊藤聡・門屋温 監修/新井大祐・鈴木英之・大東敬明・平沢卓也 編
定価:4,180円
(本体 3,800円)
twitter
サイドエリア 総合目録
ショッピングカート