アメリカゲンダイシニュウモン

アメリカ現代詩入門

エズラ・パウンドからボブ・ディランまで
原成吉 著
ISBN 978-4-585-29192-3 Cコード 0098
刊行年月 2019年12月 判型・製本 四六判・並製 450 頁
キーワード 評論,文化史,詩歌,近現代

定価:3,850円
(本体 3,500円) ポイント:105pt

数量 :
remove add
この書籍は近日刊行予定です。この商品をご注文いただいた場合には刊行後の発送となります。実際の刊行時期は、予定と多少異なる場合がございますので、あらかじめご了承下さい。
書籍の詳細
百年の荒れ野の詩を読む―

アメリカ詩は、それまでの伝統的な西洋の詩とはまったく異なる、独自の発展を遂げてきている。固有の詩形、実験的なラインブレイク、口語や俗語の頻用、漢詩や俳句の詩作法、事物を列挙するカタログ手法など、次々と生み出されるその型破りなスタイルは、文学の世界のみならず、他の芸術分野にも大きな影響を与えてきた。
モダニズムの礎を築いたエズラ・パウンドから、ビート・ジェネレーションの先導者アレン・ギンズバーグや、変貌するフェミニスト、エイドリアン・リッチ、そして現代最高の吟遊詩人ボブ・ディランまで、アメリカ現代詩を代表する19人の30作品を、1篇ずつ、丹念に読み解く。アメリカ現代詩研究の第一人者による、アメリカ詩を知るための最良の入門書!


【本書の特色】
◎ボブ・ディランの初期代表作の「激しい雨が降りそうだ(原題:A Hard Rain's A-Gonna Fall)」を徹底解説。
◎時代ごとに区切って、アメリカの現代詩人を紹介。
◎入門者にもやさしい丁寧な解説。原文と忠実な訳を対照。
◎初邦訳の作品を多く含む、アメリカ詩を代表する30編を厳選収録。アメリカ詩の変遷を俯瞰できる。

 

 

目次
はじめに
序章 アメリカ現代詩入門

第一世代:
エズラ・パウンド―モダニズムの仕掛け人
ウィリアム・カーロス・ウィリアムズ―アメリカ土着のモダニズム
ウォレス・スティーブンズ―究極の虚構の詩人
T.S.エリオット―都市をうたう現代詩人
E.E.カミングス―詩絵の世界
H.D.―イマジストからフェミニストへ
マリアン・ムーア―精密画の詩人
ロバート・フロスト―光と影の詩人

第二世代:
チャールズ・オルソン―ポストモダンの長編詩
エイドリアン・リッチ―社会を変えるフェミニスト詩人
ロバート・ロウエル―時代と個人の狂気
エリザベス・ビショップ―喪失から生まれるもの

第三世代:
アレン・ギンズバーグ―国家を糾弾する裸の詩人
フランク・オハラ―都市生活のエレジー
ゲーリー・スナイダー―野性のスポークス・パースン
ボブ・ディラン―アメリカ詩とボブ・ディラン

あとがき
プロフィール

原成吉(はら・しげよし)
1953年、東京都生まれ。アメリカ文学者、獨協大学教授。アメリカ現代詩を専門とし、ビート・ジェネレーションの日本への紹介者の一人である。
訳書に、『野性の実践』(思潮社、2011)、『終わりなき山河』(思潮社、2002)、『絶頂の危うさ』(思潮社、2007)、『リップラップと寒山詩』(思潮社、2011)、『奥の国』(思潮社、2015)、『ウィリアムズ詩集』(思潮社、2005)、『チャールズ・オルスン詩集』(思潮社、1992)など多数。
また、ボブ・ディランのノーベル賞受賞に関連する活動として、『ノーベル文学賞にもっとも近い作家たち いま読みたい38人の素顔と作品』(青月社、2014)での執筆、読売新聞での執筆、「現代詩手帖」での対談・寄稿、NHKの解説番組「視点・論点」への出演など。

関連商品

おすすめ

  [詳細]
誤りと偽りの考古学・纒向

誤りと偽りの考古学・纒向

安本美典 著
定価:1,980円
(本体 1,800円)
少年写真家の見た明治日本

少年写真家の見た明治日本

宮田奈奈/ペーター・パンツァー 編
定価:7,150円
(本体 6,500円)
発見! ユダヤ人埴輪の謎を解く

発見! ユダヤ人埴輪の謎を解く

田中英道 著
定価:1,100円
(本体 1,000円)
成功していた日本の原爆実験

成功していた日本の原爆実験

ロバート・ウィルコックス 著/矢野義昭 訳
定価:4,950円
(本体 4,500円)
twitter
サイドエリア 総合目録
ショッピングカート