ヒグチイチヨウショウサイネンピョウ

樋口一葉詳細年表

伊藤氏貴・能地克宜 編
ISBN 978-4-585-30007-6 Cコード 1000
刊行年月 2022年10月 判型・製本 A5判・上製 630 頁
キーワード 総記,詩歌,大正,明治,近代

定価:16,500円
(本体 15,000円) ポイント:450pt

数量 :
remove add
書籍の詳細

2022年に生誕150年を迎えた樋口一葉は、日本初の女性職業作家で、また実在の人物として初めて女性で紙幣に肖像を飾るほど有名な作家である。
本書は24年の短い生涯の中で一葉が残した膨大な量の日記を丹念に追い、日々の出来事はもとより、その交流関係や、作品に対する思いをまとめた年表を掲載。
また、一葉の生活圏を網羅した地図や、一葉の作った和歌、読んだ書物や着物を紹介。
樋口一葉の人生がわかる、作家研究・女性史研究に必携の一冊!


【本書の特色】
①樋口一葉が残した日記を網羅し、その交流関係や、作品に対する思いを日記から紐解いた年譜。
②日記に登場する人物についての解説を付す。
③樋口一葉が暮らした場所を地図にまとめるとともに、読んだ書物、和歌、着物についても一覧・解説を収録。

 

 

目次
カラー口絵

まえがき 伊藤氏貴

第一部 年表
年表 伊藤氏貴
コラム 樋口一葉「たけくらべ」を歩く 乗木大朗

第二部 付録
一葉の和歌 坂倉貴子
コラム 一葉の買い出し 乗木大朗
一葉の本棚 武井理紗
コラム 一葉の花見 佐藤奈波
一葉の着物 大塩香織
人物登場日時一覧 大塩香織
人名注 大塩香織
年表(日記)に見る一葉の足跡 能地克宜

あとがき 能地克宜
執筆者一覧
プロフィール

伊藤氏貴(いとう・うじたか)
明治大学文学部教授。専門は美学芸術学、文芸評論。
著書に『告白の文学』(鳥影社、2002年8月)、『美の日本』(明治大学出版会、2018年3月)、『同性愛文学の系譜』(勉誠出版、2020年2月)、論文に「一葉―その視線の圏域」(『国文学 解釈と教材の研究』2004年8月)など。

能地克宜(のうぢ・かつのり)
明治大学文学部准教授。専門は日本近代文学。
著書に『犀星という仮構』(森話社、2016年1月)、『浅草文芸ハンドブック』(共著、勉誠出版、2016年5月)、論文に「〈案内記〉から消えゆくもの―昭和二〇年代の浅草と復興」(『昭和文学研究』2017年9月)、「一瀬直行の初期詩作品における浅草―『炬火』『獅子』『制作地帯』、そして『彼女とゴミ箱』」(『日本現代詩歌研究』2022年3月) など。

関連商品

おすすめ

  [詳細]
市民とつくる図書館

市民とつくる図書館

青柳英治 編著
定価:2,200円
(本体 2,000円)
日本中世の課税制度

日本中世の課税制度

志賀節子・三枝暁子 編
定価:3,080円
(本体 2,800円)
古文書への招待

古文書への招待

日本古文書学会 編
定価:3,300円
(本体 3,000円)
呉越国 10世紀東アジアに華開いた文化国家

呉越国 10世紀東アジアに華開いた文化国家

瀧朝子 編
定価:3,520円
(本体 3,200円)
twitter
サイドエリア 総合目録
ショッピングカート