トッコウタイインノシュキヲヨム

特攻隊員の手記を読む

北影雄幸 著
ISBN 978-4-585-21511-0 Cコード 0010
刊行年月 2012年7月 判型・製本 四六判・並製 360 頁
キーワード 戦争

定価:2,750円
(本体 2,500円) ポイント:75pt

 品切 
書籍の詳細
日本の青春のもっとも美しい輝きがここにある

特攻隊の真実の姿を知るための最善の方法は、彼らの手記を読むことである。
数多の手記を様々な角度から分析、特攻志願から出撃に至るまでの彼らの心の軌跡を検証。
死を賭けて守らんとしたものの実相を明らかにする。

 

 

目次
まえがき

第一部 出陣学徒・四大手記を読む
『青春の遺書─生命に代えてこの日記・愛』 佐々木八郎
『わだつみのこえ消えることなく─回天特攻隊員の手記』 和田稔
『わがいのち月明に燃ゆ─戦没学徒の手記』 林尹夫
『くちなしの花─ある戦没学生の手記』 宅嶋徳光

第二部 神風特攻隊員の手記を読む

第三部 陸軍特攻隊員の手記を読む

第四部 回天特攻隊員の手記を読む
プロフィール

北影雄幸(きたかげ・ゆうこう)
1949年東京都生まれ。早稲田大学卒業。若き頃より短歌の道を志し、日本語の美しさを学ぶ。平成年代に入り、[男の生きざま]をテーマに、武士道と軍人精神の究明に傾倒し、関連書籍の出版を重ねる。『甲陽軍鑑』を、武士道をキーワードに読み解いた『実録・風林火山―『甲陽軍鑑』の正しい読み方』(2007年)にて、第25回日本文芸大賞・歴史文芸賞を受賞。
その他の著書に、『三島由紀夫と「葉隠」』(2006年)、『決定版 司馬史観がわかる本―幕末史観編』(2005年)、『武士道の美学』、『武家女性の美学』、『特攻 十冊の名著』(2011年)、『戦国 十冊の名著』、『幕末 十冊の名著』、『桜と特攻』、『桜と武士道』(2012年)などがある。

おすすめ

  [詳細]
ニコラエフスクの日本人虐殺

ニコラエフスクの日本人虐殺

アナトーリー・グートマン 著/長勢了治 訳
定価:4,180円
(本体 3,800円)
「本読み」の民俗誌

「本読み」の民俗誌

川島秀一 著
定価:3,850円
(本体 3,500円)
ビジュアル資料でたどる 文豪たちの東京

ビジュアル資料でたどる 文豪たちの東京

日本近代文学館 編
定価:3,080円
(本体 2,800円)
陸軍中将 樋口季一郎の遺訓

陸軍中将 樋口季一郎の遺訓

樋口隆一 編著
定価:4,950円
(本体 4,500円)
twitter
サイドエリア 総合目録
ショッピングカート