ロマノフオウチョウジダイノニチロコウリュウ

ロマノフ王朝時代の日露交流

東洋文庫・生田美智子 監修/牧野元紀 編
ISBN 978-4-585-22286-6 Cコード 1020
刊行年月 2020年8月 判型・製本 四六判・上製 520 頁
キーワード 文化史,交流史,世界史,日本史,近代,近世

定価:4,180円
(本体 3,800円) ポイント:114pt

数量 :
remove add
書籍の詳細
「奇跡」の断面―最高の執筆陣と珠玉の資料による渾身の日露交流史(亀山郁夫)

かつてヨーロッパからアジアにまたがる広大な領域を支配した強大にして華麗なるロマノフ王朝。
三〇〇年にわたるその栄枯盛衰の歩みを紐解くと、そこには日本との重厚な交流の歴史があった。
江戸時代以来、日露戦争を経て、ロシア革命前夜まで続いた日露関係の展開を、アジア関連資料の宝庫『東洋文庫』の珠玉の名品とともに探る。
図版掲載点数二〇〇点以上!

 

 

目次
監修のことば  生田美智子
序論 本書刊行のねらい  牧野元紀
総論 ロマノフ王朝時代の日露交流  生田美智子

第一部 漂流民をとおした日露交流
1 漂流民がもたらした日露対話―伝兵衛から光太夫まで  生田美智子
【コラム】日露歴史さんぽ①イルクーツク  牧野元紀
2 『魯西亞國漂舶聞書』の挿絵について―東洋文庫蔵と横浜市立大学図書館蔵の比較考察  牧野元紀
【コラム】日露歴史さんぽ②厚岸と根室  牧野元紀
3 漂流民たちが見たサンクトペテルブルグ  大島幹雄
【コラム】日露歴史さんぽ③サンクトペテルブルク  畔栁千明

第二部 近代国家としての関係樹立
4 北方紛争から北辺静平へ―高田屋嘉兵衛とリコルド  生田美智子
【コラム】日露歴史さんぽ④函館と淡路  牧野元紀
5 プチャーチンの来航とゴンチャローフ『日本渡航記』  沢田和彦
【コラム】日露歴史さんぽ⑤戸田  篠木由喜
6 視覚化された幕末の日露交流―東洋文庫所蔵『プチャーチン来航図』が伝えること  岡崎礼奈
【コラム】日露歴史さんぽ⑥ハバロフスクとシカチ・アリャン  牧野元紀
7 ゲンナージー・ネヴェリスコイのアムール調査(遠征)と幕末の日本  兎内勇津流
【コラム】日露歴史さんぽ⑦ユジノサハリンスク、コルサコフ  清水保彦

第三部 日露学術交流の深化
8 ロマノフ王朝時代の日本情報と日本学  畔栁千明
【コラム】日露歴史さんぽ⑧ウラジオストク  麻田雅文
9 金田一京助夫妻の近世アイヌ語辞書写本―北海道・滝川本とロシア・サンクトペテルブルク本と  谷本晃久
【特別コラム】ロシア史料調査と共同研究の二〇年  保谷徹

第四部 ロマノフ王朝の終焉と日露交流の現場
10 閑院宮載仁親王の一九一六年〈答礼訪問〉を通してみた日露皇室外交の最期  エドワルド・バールィシェフ
【コラム】日露歴史さんぽ⑨長崎・鹿児島・大津―ニコライ皇太子の足跡  牧野元紀
11 ニコライ二世皇帝とその家族の最後の日々  新井正紀
12 ロシア革命と古儀式派  下斗米伸夫
【特別コラム】『ノーボエ・スロボ』とロシアの運命  下斗米伸夫
13 モスクワ!莫斯科?  麻田雅文

附録(ロマノフ王朝時代の日露交流史関連年表・参考文献一覧)
あとがき 平野健一郎
執筆者一覧
プロフィール

生田美智子(いくた・みちこ)
1946年生まれ。大阪大学名誉教授。日露・日ソ交流史を専攻。
著書に『大黒屋光夫太の接吻』(平凡社、1997年)、『外交儀礼から見た幕末日露交流史』(ミネルヴァ書房、2008年)、『高田屋嘉兵衛』(ミネルヴァ書房、2012年)などがある。

牧野元紀(まきの・もとのり)
1974年生まれ。東洋文庫文庫長特別補佐、昭和女子大学人間文化学部歴史文化学科准教授。アジア太平洋島嶼におけるキリスト教社会文化史を専攻。
著書に『東インド会社とアジアの海賊』(監修・共著、勉誠出版、2015年)、『ロマノフ王朝展』(編著、東洋文庫、2017年)などがある。

関連商品

おすすめ

  [詳細]
ビジュアル資料でたどる 文豪たちの東京

ビジュアル資料でたどる 文豪たちの東京

日本近代文学館 編
定価:3,080円
(本体 2,800円)
陸軍中将 樋口季一郎の遺訓

陸軍中将 樋口季一郎の遺訓

樋口隆一 編著
定価:4,950円
(本体 4,500円)
「本読み」の民俗誌

「本読み」の民俗誌

川島秀一 著
定価:3,850円
(本体 3,500円)
スイス使節団が見た幕末の日本

スイス使節団が見た幕末の日本

横浜市ふるさと歴史財団・ブレンワルド日記研究会 編
定価:10,780円
(本体 9,800円)
twitter
サイドエリア 総合目録
ショッピングカート